とある廃墟で撮影された「絶望を感じる張り紙」 これは少し怖いかも…

とある廃墟で撮影された「絶望を感じる張り紙」が話題に。投稿者に詳しい話を聞いてみると…。

2022/07/06 04:00

日本には団地やホテルなど、さまざまな廃墟が存在する。今ツイッター上では、とある廃墟で発見された「絶望を感じる張り紙」が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】時代を感じるなぁ…



 

■窓に貼られた張り紙の内容が

廃墟

「廃墟で発見した絶望」とコメントを添え、張り紙の写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのえぬびいさん。そこには、「知恵を出せ 知恵の出ぬ者汗を出せ 知恵も汗も出ぬ者 去れ」と書かれている。文末に社長と記されていることから、きっと社員に向けたスローガンなのだろう。

張り紙の色褪せ具合や字体を見るに、かなり昔に掲げられたものに違いないが…どのようにして廃墟と化してしまったのか気になるところ。ちなみに、この言葉は昭和時代の経営者・土光敏夫氏による名言のようだ。


関連記事:コンビニのトイレに「辛辣すぎる張り紙」が出現 突如始まったクイズの内容は…

 

■ネットでは張り紙に対して…

えぬびいさんの投稿にネットでは、「みんな去ったから廃墟になったんだね」「知恵も汗も出ない人ばかりだったから…」といった具合に、張り紙の言葉に対する厳しいコメントが続出。

その一方で、「そら仕事せん奴はクビに決まってますやん」「これの何がダメな社長なのかわたしにはまだ分からない。これができない労働者は、何を対価にお金を貰おうとしてるのかわからない」「普通のことだと思うが」など、張り紙に同意する人も多く見られた。

美しい廃墟【Amazon】

次ページ
■気になる撮影場所について
仕事レストラン張り紙名言昭和廃墟
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング