GLAY・TERU、20年以上前に出会った少年が人気バンドマンに 「一緒に音楽作る日が来るとは」

当時中学生だった少年が、人気バンドのギタリストに。彼の楽曲に参加したGLAYのTERUは「一緒に音楽を作る日が来るとは」としみじみとする。

2024/04/26 15:00


GLAY・TERU

ロックバンド・GLAYのボーカルのTERUが26日、自身の公式Xを更新。SUPER BEAVERのギタリスト・柳沢亮太とのエピソードを紹介した。

【ポスト】柳沢亮太とのエピソード


 


 

■GLAYはバンドを組むきっかけ

柳沢は、今月1日からスタートした大阪のラジオ局FM802のキャンペーン「FM802×三井ショッピングパーク ららぽーとACCESS!」の、キャンペーンソング『はなむけ』の作詞作曲を担当。楽曲には、同局とゆかりのあるアーティストが多数参加しており、TERUもその内の1人。

柳沢は22日、自身のXで「バンドを組むきっかけであり、マニアと呼べるほどファンになったのは、後にも先にもGLAYだけ。そんなルーツがありつつ。作詞・作曲で参加したFM802 ACCSESS! キャンペーンソング『はなむけ』にTERUさんがシンガーとして参加して下さいました」と報告する。

TERUとの2ショットを添え「やべーーーー! 嬉泣」と喜びを伝えていた。


関連記事:GLAY・TERU、ライブ中ファンに神対応 「涙が出ます」「ホッコリ」

 

 

■20年以上前に出会っていた

すると、TERUはこの投稿を引用し反応。

じつは、柳沢の父もミュージシャンで「亮太が中学1年生の頃かな? お父さんの二三男さんにGLAYのファンなんだよ〜と紹介されたのが初めての出会いで、それから20年以上が経ちこうして一緒に音楽を作る日が来るとは」としみじみとする。

同曲のレコーディング時、柳沢は微笑みながらTERUのことを見ていたといい「音楽やり続けてきて本当に良かったと思いました」とコメント。「『はなむけ』僕はたくさんの想いを胸に歌わせていただきました。未来に託す言葉がたくさん詰め込まれてます。是非聴いて下さいね!」と呼びかけた。


関連記事:GLAY・TERU、今年の「GLAYの日」の詳細に言及 「お家で楽しめる…」

 

 

■「泣けます」感動の声

TERUからのメッセージに柳沢は感激。「TERUさん…!! 続けたいことを一生懸命に続けていると、心から楽しいことは本当に起きるんだと改めて実感しています! ありがとうございます!」と返信した。

ファンからは「そんな素敵なエピソードがあったんですね」「いやー泣けます」と感動の声が寄せられている。

TAKURO -GLAY- GUITAR MAGAZINE SPECIAL ARTIST SERIES【Amazonでチェック】

次ページ
■柳沢亮太とのエピソード
XGLAYTERUSUPER BEAVER柳沢亮太FM802FM802×三井ショッピングパーク ららぽーとACCESS!はなむけ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング