舛添要一

1948年、福岡県に生まれる。1971年、東京大学法学部政治学科を卒業し、同学科助手。パリ大学現代国際関係史研究所客員研究員、ジュネーブ高等国際政治研究所客員研究員などを歴任後、東京大学教養学部政治学助教授。 1988年、舛添政治経済研究所を設立。2001年、参議院議員に初当選。2006年からは参議院自民党の政策審議会長、2007年からは厚生労働大臣を務める。2010年4月、新党改革の代表に就任。2014年2月、東京都知事に就任。2016年6月、都知事辞職。現在は、テレビのコメンテーターや執筆などで活動中。 近著に『スターリンの正体:ヒトラーより残虐な男』(小学館新書) 『ムッソリーニの正体:ヒトラーが師と仰いだ男』(小学館新書) 『東京終了:現職都知事に消された政策ぜんぶ書く』(ワニブックスPLUS新書) 『ヒトラーの正体』 (小学館新書)『舛添要一 スマホ時代の6カ国語学習法!』 2008年、モロッコのアラウイ王朝勲章グラントフィシェ。2016年、フランスのレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを受章。


舛添要一の記事一覧

岸田文雄

【舛添要一連載】岸田政権の命運握る「3つの補欠選挙」、野党の存在意義まで問われる戦いに…

厚生労働省・環境省

【舛添要一連載】「もしトラ」でアメリカはどうなる? 官僚機構の能力低下に懸念も

EUとトルコ国旗

【舛添要一連載】トルコ・エルドアン大統領が統一地方選で敗北、使えなくなった「プーチンの手法」

アフガニスタン

【舛添要一連載】143人殺害の「モスクワテロ」、イスラム過激派がロシアを標的にした理由

オッペンハイマー

【舛添要一連載】映画『オッペンハイマー』が日本公開 同作は「核開発史」知る上で役に立つ

ジョー・バイデン大統領

【舛添要一連載】バイデン米大統領の一般教書演説、対するトランプは「最悪の演説」と猛批判

妊娠・妊婦

【舛添要一連載】フランス、女性が「人工妊娠中絶」を選択する自由を憲法に明記

株価

【舛添要一連載】34年ぶりの株価最高値、バブル崩壊からの「失われた30年」

嘆きの壁(エルサレム)

【舛添要一連載】世界中に広がりつつある「反ユダヤ主義」、イスラエル軍“ラファ侵攻”が今後の重要な焦点に

トラック

【舛添要一連載】トラック運転手不足で深刻化する「物流2024年問題」 国と事業者はどう解決していくか

北アイルランド・ベルファスト

【舛添要一連載】イギリス領北アイルランドで初の「統一派」首相が誕生 連合王国は今後どうなる?

ドイツ

【舛添要一連載】苦悩するドイツ、危機迎えるショルツ政権に突如「神風」が吹くも…

習近平、ウラジーミル・プーチン

【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する

【舛添要一連載】アメリカ大統領選挙、4つの事件で起訴されたトランプの「返り咲き」はあるか

マクロン大統領

【舛添要一連載】「歴代最年少」「同性愛者」のアタル氏を新首相に任命、マクロン仏政権立て直しなるか

小池百合子

【舛添要一連載】小池都知事が推進する高校授業料の無償化、金持ち層だけ優遇する「所得制限撤廃」に意味はあるのか?

イスラエル・エルサレム

【舛添要一連載】悪化の一途たどる「イスラエル・ガザ戦争」、どうすれば停戦は可能なのか?

円安

【舛添要一連載】日銀の慎重な対応 「賃金と物価の好循環」とはどういうことか?

岸田文雄

【舛添要一連載】安倍派の裏金疑惑、自民党は「派閥」そのものを見直すべきだ

香港の街並み

【舛添要一連載】周庭が事実上の亡命… 香港が選ぶのは「自由のある貧困」か「自由のない豊かさ」か

ジョー・バイデン大統領

【舛添要一連載】イランとアメリカはなぜ対立し続けるのか? 背景には蓄積する「相互不信感」

アルゼンチン

右派ポピュリスト・ミレイ氏の大統領就任でアルゼンチンはどうなる? 「過激主張」で支持集める

混沌とするイギリス政治、キャメロン元首相の「政界復帰」とブレグジットの亡霊

パレスチナ・ガザ地区

イスラエル・ハマス戦争が悪化すれば原油供給に大ダメージ、「石油ショック」再来の可能性も


人気記事ランキング