松岡修造、東京2020で「自分は灰になる」 植草選手・秦選手に熱いエールも

13 日、「『みんなの表彰台プロジェクト』合同記者発表会」が開かれ、スポーツキャスターでタレントの松岡修造、東京2020組織委員会・スポーツディレクターの室伏広治、空手の女子組手の植草歩選手、パラトライアスロン日本代表の秦由加子選手が登場。

13 日、「『みんなの表彰台プロジェクト』合同記者発表会」が開かれ、スポーツキャスターでタレントの松岡修造、東京2020組織委員会・スポーツディレクターの室伏広治、空手の女子組手で金メダルが期待されている植草歩選手、パラトライアスロン日本代表の秦由加子選手が登場し、東京2020への意気込みについて語った。


画像をもっと見る

 

■「森さんも本当の意味で灰になる」

熱血応援リーダーとして、イベントに登壇した松岡は、「僕は2020で宣言しました『自分は灰になる』すべてを出して終わりにするって…」とさっそく松岡節を披露。

続けて、「誤解を恐れずに言います。森さんは本当の意味で灰になるという思いで、命がけでやってらっしゃる。だからこそ今日のスタートも含めてゴールまで突っ走っていきたいと思います」と意気込んだ。


関連記事:KAT-TUN・中丸のファン悲鳴 少年隊・植草が知っている後輩を確認した結果…

 

■東京2020に向けての練習は?

東京2020開催まで残り407日。オリンピックに向けてどんな練習をしているのか問われた秦選手は、「表彰台に登った時に、どういうコメントをしようかトレーニングしています」と話し、「…っていうのは冗談です(笑)」と茶目っ気をみせる。

これには、「冗談でそういうこと言っちゃダメですよ!」と松岡がすかさず反応し、「そう思ってください!」と熱の篭った喝を入れ会場を盛り上げた。

また、終始、両選手のトークに耳を傾け深く頷き反応する松岡だったが、「この爪はなんですか?」と植草選手のキラキラと光るネイルに食いつく一幕も。 植草選手は照れながらも、「金を身につけるのを心がけていて…」とメダルへの意欲を覗かせた。

次ページ
■みんなが参加の「自分ピック」

この記事の画像(22枚)