尾木ママ、政治家の“上から目線”に怒り 「日本語が意味不明の方まで」

尾木ママが政治家らの「上から目線」を改めて指摘。経済優先の現状についても怒りをにじませている。

エンタメ

2021/05/03 11:15

尾木ママ・尾木直樹
(写真提供:JP News)

「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が3日、自身のブログを更新。政治家の「上から目線」について改めて指摘した。



 

■情けない限り

「共に歩む姿勢が大切では?」とのタイトルで、「多くの政治家のみなさんは、大臣も知事さんも、【上から目線】の方々多いですね」と書き出すと、「正規、ぶら下がり問わず、ドラマの世界でも同じ、中には日本語が意味不明の方までいる」と、政治家らの態度について指摘。

さらに、「まるでそれがシンボルか何かのように持ち上げられて、情けない限りです。デモクラッシー(民主主義)の歴史が弱く、つい先頃まで幕藩体制下で生きてきた、支配されなれや、支配する側に立ち続けてきたせいかしら?」とつづる。


関連記事:尾木ママ、緊急事態宣言の休校なしに激怒 「なんて無防備なんて野蛮」

 

■口先だけの言説を弄しないで

続けて、「もちろん、今は身分制度じゃないけど、お金が支配する社会だから【経済優先】社会。人の命、社会的弱者であるマイノリティや子供たちのことは二の次、三の次、いやいや、忘れられているのが現実。事実がものがたっているように見えます」と怒りをにじませた。

「口先だけの言説を弄しないで、寄り添い、市民・国民と共に歩む政治家よ、出でよ! と自己満足的に願う尾木ママです」とメッセージを送っている。


■政治への失望感も

この投稿に、「同感です」「尾木ママのおっしゃる通り、上から目線の政治家が多いですね」と共感のコメントが寄せられた。

また、「全てにおいて矛盾矛盾だらけ」「国民に寄り添う政治をいつも期待していますが、その姿勢が見られないのが残念です」と政治への失望感を訴える声も上がっている。

・合わせて読みたい→尾木ママ、菅首相の高級ステーキ8人会食に怒り 「学生も見てますよ!」

(文/しらべぇ編集部・けろこ