笑う時に手を叩く理由をチコちゃんが解説 明石家さんまがその起源だった?

『チコちゃんに叱られる』で笑う時に手を叩く人が多い理由を紹介。明石家さんまの影響が大きいという。

テレビ

2021/07/10 00:10

チコちゃん

9日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「笑う時手を叩くのはなぜ?」が注目を集めている。



 

■「明石家さんまのせい」

笑ったとき、同時に手を叩く癖を持つ人も多い。チコちゃんはこの仕草について「明石家さんまさんのせい」と答える。

いいコンサートの後に拍手をするのをはじめとして、手を叩く拍手という行為は「相手を認める」という意味がこもった行為である。この笑いながら手を叩くことは、自分を笑わせてくれた人を認めているという意味がある。


関連記事:キンタロー、テレビマン夫の危険性熱弁 怪しい行動も「許される常套句ある」

 

■隠された心理も

さらに、この手を叩くという行為には、「目立ちたい」という心理も隠れている。相手を認めると同時に、自分も目立たせるもののようだ。

しかし、手を叩いて笑う行動は、近年になって生まれたもので、若い人がよく行う行為であると紹介。

次ページ
■本能で他人のマネをしてしまう