坂口憲二、3軒目のコーヒー店オープンで… 「意外な才能」を発揮していた

芸能活動を休止し、コーヒー焙煎士として活動する坂口憲二。仕事は軌道に乗っていて…。

2023/02/13 04:15


坂口憲二
(画像出典:Amazon

芸能活動を休止し、コーヒー焙煎士として活動する坂口憲二。1月には、横浜に3軒目のコーヒースタンドを開店するなど、仕事が好調だ。

俳優業から離れ、坂口は「新たな才能」を発揮していて…。

【関連】坂口憲二、約8年ぶりのテレビ復帰果たすも… 「ドラマは難しい」理由とは


画像をもっと見る

 

■東京・千葉・横浜に3店舗

坂口は2018年に国が指定する難病「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」の治療に専念するため、無期限で芸能活動を休止。表舞台から姿を消したが、コーヒー焙煎士の活動は軌道に乗っている。

18年にオリジナルブランド「The Rising Sun Coffee」を立ち上げ、19年に東京都内(住所非公開)にコーヒースタンド1号店、21年に千葉県大網白里市に2号店を開店。今年1月18日には、横浜市鶴見区に3号店をオープンさせた。


関連記事:坂口杏里さん、ギャラの未払い訴えられ困惑 「どちらのかたでしょうか?」

 

■3号店に足を運ぶと…

坂口本人は出演しなかったものの、昨年3月にはバラエティ番組で1号店・2号店のスタッフから、坂口の近況やお店のことが紹介された。ただ、3号店はできたばかりとあって、まだメディアであまり取り上げられていない。

坂口は横浜の店舗にも姿を見せているのだろうか。1月下旬、鶴見店に足を運んだ。

坂口憲二カフェ

JR鶴見駅から徒歩3分の商店街に位置していた。店内に飲食スペースはなく、テイクアウトのみ。店内に坂口の姿はなく、若い男性と女性スタッフ2名が働いていた。

近隣の店舗スタッフに聞いたところ、坂口はオープン前の昨年12月に何度か見かけたが、基本的には坂口の知り合いの男性スタッフが経営しているとのこと。


関連記事:坂口杏里、救急搬送されたことを振り返り… 改めて夫に感謝「命の恩人」

 

■コーヒーを飲んでみると…

坂口憲二カフェ

店内では淹れたての「本日のコーヒー」(450円)や「カフェラテ」(500円)が買える他、自宅で飲めるインスタントコーヒーやマグカップ、ステッカー、パーカー、Tシャツなどが販売されていた。

坂口憲二カフェ

店内で淹れたコーヒーは香りがよく、苦味が抑えられマイルドな口当たりで美味しい。

鶴見の商店街には、青果店やベーカリーなど様々な店舗が並んでいるので、コーヒーを飲みながら歩いて回るのもいいかもしれない。


関連記事:坂口杏里、離婚騒動について”夫婦継続”を報告 「どうか温かい目で…」

 

■「手先が器用で、デザインセンスも」

今回訪れた鶴見店だけでなく、他の2店舗でも服やステッカー、帽子などのグッズが置かれている。じつは、これらのグッズには秘密が。あるテレビ局関係者が語る。

「グッズのデザインの大半は、坂口さん自ら手がけているそうです。彼は手先が器用で、デザインセンスも抜群。コーヒースタンドを開店する前に、千葉県九十九里でサーファー仲間が経営するお店に坂口さんデザインの帽子やキーホルダーを置いたところ、非常に好評だったそうです。コーヒー焙煎士だけでなく、今後はデザイナーとしての活動にも期待できますよ」(テレビ局関係者)。

俳優業で功績を残し、「第2の人生」でも新たな才能を開花させた坂口。これからも彼の動向から目が離せない!


【店舗詳細】

「The Rising Sun Coffee 鶴見店」

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-15-13

坂口憲二カフェ

・合わせて読みたい→坂口杏里、離婚騒動について”夫婦継続”を報告 「どうか温かい目で…」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

俳優・坂口憲二の代表作【Amazon】

鶴見セカンドキャリア芸能活動休止坂口憲二コーヒー焙煎士コーヒースタンド
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング