天下一品、「こってりMAX」のスープに衝撃走る… “あるもの”を入れるとパワーアップ

天下一品の「こってりMAX」が全国発売された。食べてみると、スープのドロドロ感に圧倒されて…。

2023/06/15 04:15


天下一品

12日、天下一品から新ラーメン「こってりMAX」が全国発売された。一部店舗に限られていたメニューが各地で食べられるようになり、ファンから歓喜の声があがっている。

期待の新メニューを食べてみると…。

【関連】天下一品、限定メニュー“こってり茶漬け”が最高 「悪魔的すぎ」ネットでも絶賛の嵐


画像をもっと見る

 


 

■待望の全国発売

「こってりMAX」は、天下一品の代名詞であるドロッとしたスープをさらにパワーアップさせたもの。以前から一部の店舗で「絶品MAX」という名前で販売されていたが、この度名前を変え、全国で販売されることになった。

こってりMAX

6月1日に、「こってりMAX」を58店舗で先行販売したところ、営業前から長蛇の列ができるほど大人気に。お値段は1,190円(並盛、税込み価格)。

天下一品総本店(京都市)では扱わないなど、一部取り扱いのない店舗はあるものの、全国で「史上最強」のスープが食べられるようになったことは大きい。


関連記事:本当にこれ天下一品なの…!? 仙台限定、幻の「土鍋」メニューが”こってり”旨すぎた

 

 

■ネットでも称賛の声

天一の力作メニューは、発売直後からネット上でも話題に。「こってり好きには至福の時」 「大阪のどて焼きのスープみたいな感じ」 「スープがもはやポタージュで麺によく絡む」「スープが濃厚な分、並でも満腹感がすごい」などの声が見られるように、早くも虜になる人が続出している。

記者も学生時代、多い時は週に1回“こってり”していたほど、こってりスープの大ファン。「こってりMAX」を味わうため、発売から数日後、食べることにした。


関連記事:フットボールアワー後藤輝基、“天下一品”の食べ方があまりに天才的… 「永遠に食い続けられる」

 

 

■スープを飲んで衝撃走る…

こってりMAX

赤い専用の器に「こってりMAX」という文字が入っており、思わずテンションが上がる。見た目は通常のこってりスープと大差ない。

こってりMAX

こってりMAX

だが、レンゲを入れて変化に気付く。スープの中に沈んでいかないのだ。かなりドロドロで、もはやスープではなく、ペーストに近い。

飲んでみると、舌にいつまでもドロッとした感覚が残る。通常のこってりスープよりもかえしが多いのか、濃いめの味付け。

こってりMAX

ただ、天一の強みである野菜の旨味が感じられ、後味は想像よりスッキリしている。麺を持ち上げると、スープが絡まり、ズッシリと重みがあって驚く。このこってり具合は反則級だ…。


関連記事:天下一品のこってり天津飯、「感動」「天才」と絶賛の声上がる一方で注意点も…

 

 

■「あるもの」を入れるとパワーアップ

半分ほど食べたところで味変。写真を見て気付いた人もいるかと思うが、トッピングで追加した「納豆」(120円)を混ぜる。

天下一品

「ラーメンに納豆?」と驚くかもしれない。じつは、納豆と天一のドロッとしたスープの相性は抜群。一部提供していない店舗もあるが、マニアの間では人気の組み合わせなのだ。

こってりMAX

納豆を全体に絡むようよく混ぜて食すと、濃いめのスープがマイルドになり、程よいコクが加わる。後半も飽きることなく完食した。

こってりMAX

麺を中心に食べていたが、気付けばスープもほとんどなくなっていた。麺にスープが吸い付いていたのだろう。

「こってりMAX」を食す際は、ぜひ納豆を入れて、最後の一口まで「史上最強」のスープを堪能してほしい。

・合わせて読みたい→天下一品のこってり天津飯、「感動」「天才」と絶賛の声上がる一方で注意点も…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

お湯を注ぐだけで店の味に【Amazon】

ラーメン納豆天下一品チェーン店こってりラーメンこってりMAX
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ