「飯テロ」要注意!任侠×グルメ、異色テーマの1冊『侠飯』

画像はドラマ「侠飯~おとこめし~」公式サイトのスクリーンショット
画像はドラマ「侠飯~おとこめし~」公式サイトのスクリーンショット

「飯テロ」。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど数多くあるSNSで、昼食時、或いは深夜に美味しそうな画像を発見してしまったことは、誰しもが経験しているだろう。

そんな時、我々は時にヨダレを垂らし、また、訳もなく怒りを覚えたりしてしまうもの。


 

■これぞ『飯テロ』本!

福澤徹三著『侠飯』は、まさにその様な状態をあまりにも上手く(旨く?)表現している。

sirabee20160715otoko1

主人公の若水良太は就職活動に悩む大学四年生。オタク友達・米倉信也や、腐女子ではあるものの惹かれてしまう結城春菜、何だか腹のたつ金持ちリア充の塩之谷洋介と共に、ぼんやりとした生活を送っていた。

そんな中、良太はヤクザ同士の銃撃戦に巻き込まれてしまう。そこで知り合ってしまった組長の柳刄竜一と、なぜか良太の狭い部屋で同居することになる。

しかし柳刄の得意とする料理に、そのうち魅了され…。


それにしても本の見出しを読むだけで、皆、垂涎してしまうであろうと感じる。

『クリスマスイブにチキンはいらない』『レトルトカレーがフライパンひとつで絶品になる』等々。

また「組長」というだけあって、変わったタイトルをしたものも見受けられる。例えば『ゴミ袋とレンジで作る刑務所の飯』、『飯は冷やに限る』

ストーリーに合わせ、実はそれぞれには意味があるのだが、取り敢えずこの本は確実に「夜飯テロ」を狙っていることには間違いない。


 

■ドラマでも『飯テロ』

sirabee20160715otoko2

作者が文庫版として書き下ろした本作品は、『侠飯〜おとこめし〜』として、『孤独のグルメ(原作・久住晶之、作画・谷口ジロー)』などのいわゆる「グルメ番組」を得意とするテレビ東京で、7月15日からドラマになって放送される。

柳刄役の生瀬勝久や、良太を演じる個性派俳優の柄本時生が、どのようにこの作品を造り上げていくのか見ものだ。

(文/芥川 奈於

あなたにオススメ