要注意! オリンパス『TG−5』を使ってわかった「タフネスデジカメの意外な落とし穴」

オリンパスのタフネスデジカメ『TG-5』を使ってわかった、タフネスデジカメの落とし穴とは

2017/07/16 07:30

「防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃」に加え、耐結露にも新たに対応した、オリンパスのタフネスデジカメ『TG-5』。

記者は以前から前機種のTG-4を使用しており、その進化に驚いたのだが、少し使っていたところ、いつのまにか電池を入れるところのツメが割れてしまい、修理に出すことになった。



 

■タフネスデジカメなのに「破損で有償修理」

ただポケットに入れて使用していただけなので高い場所から落としたワケでもかなりの衝撃を加えたワケでもないので保証の範囲かと思いきや、残念なことに1万円程度の有償修理に。

理由としては「ショックなどの外的要因が認められたため」とのことだった。ええっ、普通に使っているだけで、タフネスデジカメなのにそんなことありえるの…?

と、オリンパスのユーザーサポート担当と少し話したのだが、以下の理由で保証の適用外ということだった。


関連記事:セブンイレブンのエコバッグがとんでもなく便利 収納時にもまさかの機能が

 

■デジカメ修理の保証適用外理由

・耐衝撃については撮影機能が損なわれないということなので、電池ケースのツメや保証には関係ない(通常使用内でもショックで割れる可能性はあるし、保証の適用外)


・明らかな外傷や破損がなくても、結果として自然故障と認められない場合は保証の適用外


・一般的な使用でも破損して使用できなくなった場合は、保証の適用外


次ページ
■ユーザーとサポートの意識差

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

落とし穴TG-5タフネスデジカメオリンパス修理有償
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング