しらべぇ

バンコクの寺院で「インスタ映え」求め… 神聖な場所で恥をさらす日本人観光客たち

日本人観光客に人気のバンコク。「インスタ映え」を求めるがゆえ、迷惑がられていますよ…

話題

ワット・パクナーム

(asxsoonxas/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

タイ・バンコクを訪れる日本人観光客のマナーの悪さについて、東スポwebが報じている。

 

■大人気の大寺院

タイ・バンコクで日本人旅行者が多いと言われているのは、シーロム地区。日中は高層ビルが立ち並ぶオフィス街、夜はネオンの光が眩しい繁華街で、日本人旅行者が多いと言われる場所だ。

シーロム地区からタクシーで20分ほどの場所にある大寺院「ワット・パクナーム(ワット・パクナム)」もまた、日本人旅行者で溢れているという。

 

■迷わず、巨大仏塔の5階へ

寺院はかなり広い敷地に、大仏のあるお寺の本堂のほか、瞑想修行に来た人の宿舎、図書館など、多くの建物がぎっしりと建ち並ぶ。運河沿いにある庭では、人々がハトや魚に餌をあげて、のんびりと過ごしているような場所だ。

しかし、日本人旅行者が群がる場所は決まっているらしい。それが、境内にそびえる高さ80メートルの巨大仏塔「マハー・ラチャ・モンコン大仏塔」。5階まである内部は仏教美術品並ぶ博物館となっているが、問題は、最上階の5階。

 

■「インスタ映え」で人気スポットに

エメラルドに輝く仏塔が安置され、ドーム状の天井には仏画が描かれている。写真だけでも神秘的なことがわかるが、じつはここが「インスタ映えスポット」として大人気のようだ。

「マハー・ラチャ・モンコン大仏塔」は、6年前の2012年に建てられたもの。以降、話題になり観光客の増加は現地の人たちも喜ばしいことだろう。しかし、問題視されているのは写真(動画)撮影時のマナーだ。

 

■神聖な場所であることを忘れずに

仏画が描かれている天井と自分のショットを収めたいのだろう、静かな寺院で大騒ぎする若者が多いという。さらに、ジャンプを繰り返す、奇声を上げる、動画配信のためか画面に向かって話しながらうろつく人…。

国外に出ると、非日常的な空間にテンションが上がってしまうだろう。ただ、これから訪れる場所がどんな場所なのか…くらいは調べておくべきだろう。

今回の場合、騒がないことは当たり前。服装に関しても短パン&サンダル、ノースリーブやミニスカートなど、日本で遊ぶときと同じ格好はNG。なぜなら、本来は参拝者が静かにお祈りできるお寺であり、神聖な場所だからだ。

 

■居合わせた日本人も「恥ずかしい」

この場所で騒いでいるのはほとんどが日本人のようで、現地の人も呆れており、居合わせた日本人も「恥ずかしい」と漏らしているそうだ。

ただ…ネットで「ワット・パクナーム」について調べようとすると、「インスタ映え」という文字がこれでもかというほど出てくる。キレイに撮影できるおすすめの時間や、撮影の仕方まで書かれているものもある。

「インスタ映えスポット」だけをゴリ押し紹介することを控えるか、おすすめの撮影時間ではなく、静かにすることと最低限のファッションマナーの記載も必要ではないだろうか。

・合わせて読みたい→海外で日本人女性はどう思われているのか? 元グラドルが実体験から警鐘

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu