児童虐待の通報が過去最多 第三者ができることは児童相談所に「通告」

警察庁のまとめによると、昨年「親などから虐待を受けた疑いがある」として、全国の警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもが8万104人だったことがわかった。

社会

2019/02/08 17:30

苦しむ子供
(zdravinjo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7日に発表された警察庁のまとめによると、昨年「親などから虐待を受けた疑いがある」として、全国の警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもが8万104人だったことがわかった。


 

■「児童虐待」過去最多

統計をはじめた2004年から14年連続で増え続け、初めて8万人を超え(前年より22.4%増)、過去最多。10年間でおよそ13倍にも増えている。

虐待の内容は、直接の暴力を振るわれていないが、言葉での脅しや無視など子どもの心を傷つける「心理的虐待」が5万7326人で、全体のおよそ7割。

続いて暴行などの「身体的虐待」は1万4821人、食事を与えないなどの「育児放棄(ネグレクト)」が7699人、性的虐待は258人だったそうだ。


関連記事:千葉・小4女児虐待死事件 父親にアンケート結果を渡した教育委員会の対応を弁護士が斬る

 

■事件化が難しい「面前DV」

また、心理的虐待の中で最も多いのは、子供の前で母親や兄弟が虐待を受ける「面前DV」だという。先日、千葉県野田市の自宅で亡くなった10歳の女児も、自身が虐待に遭う前に父親が母親に暴力を振るわれている「面前DV」の疑いがあると言われている。

児童虐待の摘発も過去最多の1,355件と、10年でおよそ3.8倍に増えている。しかし、心理的虐待や面前DVの場合は、身体にケガがないため事件化が難しいのが現状だ。

亡くなった女児の事件は国会でも取り上げられ、8日に開かれた関係閣僚会議では、児相所などが把握している虐待が疑われる全てのケースについて1カ月以内に緊急の安全確認を行うと発表した。

次ページ
■8人に1人が虐待経験

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ