後藤真希の夫も? 不倫や浮気は「されるほうにも問題がある」と考える人の割合は…

相手を裏切る浮気や不倫。それは相手のせいとの声も…それって一般的な考え方?

男女

2019/03/16 10:00

家族
(Masaru123/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇでも既報の通り、タレントの後藤真希が元恋人の男性と不倫していたことが判明。夫が相手に対し、損害賠償を請求しているという。

『週刊文春』は不倫に至った理由を「夫のDV」としたが、後藤はメディアに向け直筆の謝罪文で否定。しかし不倫相手とされる人物は「すでに夫婦関係は破綻していた」ため損害賠償の対象にはならないと主張しており、現在泥沼の裁判中だと報じられた。


 

■不倫は「されるほうにも問題がある」?

後藤の不倫については今後真相が明らかになると思われるが、仮にDVが原因だとすれば情状酌量の余地はある。彼女のように不倫に至る夫婦には「相手にも問題がある」という考え方を持つ人も少なくない。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,589名を対象にした調査では、浮気や不倫はされるほうにも問題があると答えた人は男性40.9%、女性34.1%。

「本人だけの問題ではない」と考えている人は確実に存在している。


 

■不倫願望を持つ人は「相手に問題あり」

さらに興味深いデータがこちら。不倫願望を持つ人は、じつに56.5%が「浮気や不倫はされるほうにも問題がある」と答えているのだ。

浮気や不倫を考えるきっかけの1つに「相手への不満」があることは間違いなさそうだ。

次ページ
■不倫中の人に聞くと…

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ