元号を廃止して西暦に統一してほしい? 若い世代は併用支持、近畿では統一派も

いよいよ4月1日に平成の次の元号が発表され、5月1日より施行される。わずか1ヶ月の間にさまざまな対応に追われる人も。

社会

2019/03/31 08:00

元号
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

4月1日、いよいよ平成の次の新元号が発表される。4月30日に退位礼正殿の儀が執り行われて、今上天皇陛下がご退位され、5月1日から新しい元号が施行されることになる。

発表から施行までは、わずか1ヶ月。また、およそ30年ぶりの改元ということもあり、ビジネスの世界では対応に追われている人も少なくないだろう。


 

■元号・西暦の併用は面倒?

日本では、中大兄皇子(後の天智天皇)らが蘇我入鹿を討った乙巳の変(645年)を契機に「大化」が採用され、1300年以上にわたって用いられてきた元号。

しかし、西暦への変換を手間に感じたり、改元への対応に追われる人の中には、「もう元号は止めて西暦に統一してほしい」と考える人もいるのだろうか。


関連記事:4月1日に発表見通しの新元号 「廃止してもいい」か聞いてみるとシニア世代から意外な答えが

 

■3人に1人が統一派

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「元号を廃止して西暦に統一してほしい」と答えた人は、全体の34.2%にとどまった。

男性では32.9%、女性は35.3%と、女性のほうが西暦統一派がやや多いがいずれも少数派で、日本独自の元号制度を続けることに意義を感じる人が多いようだ。

次ページ
■若い世代は併用支持

この記事の画像(4枚)