『ダウンタウンなう』萩原健一さんの未公開シーンを放送 浜田のショーケン愛が話題に

憧れのショーケンが語れる時間にダウンタウンがメロメロ。坂上も尊敬する相手には普段の強気は発揮できず、番組全体が新鮮な空気に包まれる。

エンタメ

2019/05/04 11:00

松本人志

4日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」では、今年3月に亡くなった萩原健一さん(ショーケン)について振り返った。

2016年4月に登場したときの未公開シーンを交えた放送だが、ダウンタウンと坂上忍がいつもの調子ではないのが新鮮だ。


 

■ショーケン、マスコミへの本音を語る

坂上が「ショーケンさんは勝手なイメージとして、すっげえ怖いと思われてる」と言えば、萩原さんがマスコミについて語る場面があった。

「マスコミはつまずいたり、なにかすることのほうが、喜ぶんで。嘘の情報がまかり通るっていうのはどうかな。日本のマスコミは襟を正して直してもらいたいというのが本音です。」


この言葉を聞いた松本人志は佇まいを正して、真面目な顔に。萩原さんに憧れるひとりであり、ワイドナショーで情報を扱うタレントでもある。松本も思い当たる節があったのだろうか。


関連記事:指原莉乃、生放送で流れた14歳当時の姿に衝撃 「放送禁止じゃなかったの?」

 

■はしご酒メンバーを褒める

萩原さんがダウンタウンを褒め始める展開もあった。

「松本さんも浜田さんも、側にいる人間の声が中々届かない。あなたたちを本当に褒めている作家たちが側にいる。浜田さんのことを本当に褒めている…」


ここで松本が「まあ、浜田のことはあんまりいない」と茶々を入れる。その時の松本の顔は勇気を振り絞っているのが見てわかるほど。萩原さんは笑って、「それはあなたが否定しているからだ」と一蹴。さらに坂上についても…

「坂上さんだってさ、2歳の頃は覚えてないだろ。あんなに清らかでさ、可愛い男の子だった」


これには坂上もおもわず純粋な笑顔でニッコリ。普段は毒の塊のような坂上も、萩原さんの前ではすっかり毒気が抜けた様子。

「浜田さんにしたって、温泉で子供たちを連れているのをみてさ。プライベートは、あんな清らかで爽やかな…」


満開笑顔を浮かべると、「ありがとうございます!」と頭を下げる浜田雅功。萩原さんのファンである浜田にとって、喜びの感情が垂れ流されていた。


■浜田の思い入れに視聴者も共感

萩原さんに対して、わかりやすくメロメロな浜田の姿を見た視聴者から「もはや浜田がかわいい」との声もあった。

ダウンタウンでも、憧れの人の前ではメロメロになるものなのか。萩原さん亡き今、もう浜田のあの姿を見ることができないことを惜しむ人は少なくなさそうだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・モトタキ


あなたにオススメ