不登校ユーチューバー「行きたくないなら学校行かなくてもいい」 発言に賛否

自称「少年革命家」の不登校Youtuberゆたぼんくんのツイートが話題に。ネットでは賛否両論

エンタメ

2019/05/07 17:40

(画像は少年革命家ゆたぼん公式Twitterのスクリーンショット)

「少年革命家」を自称する不登校ユーチューバー・ゆたぼんくんが、5日に自身のツイッターを更新。学生たちに向けたメッセージに、賛否両論を巻き起こっている。


 

■「学校に行きたくない子は行かなくていい」

ゆたぼんくんは、「子供は学校に行くのは権利であって義務ではない」「親は子供が行きたくないと言っているなら行かせなくていい」「人生は冒険だ」と力強く語る動画をツイッターに投稿。

最大で10連休となったゴールデンウィークが終わり、憂鬱になっている学生たちに向けて「学校に行きたくない子は行かんくていい」とメッセージを発信した。


関連記事:『水曜日のダウンタウン』大御所へのドッキリに「放送事故では…」視聴者騒然

 

■「ゆたぼん」とは

元気に「ハイサイまいど!」から始まる動画を投稿しているゆたぼんくんは、小学3年生の頃から学校に行かなくなったという。

その理由とは、宿題を忘れ、放課後や休み時間に宿題をやらされたことを不満に思ったことにはじまり、先生の言われた通りに行動する同級生がロボットに思え、「このままだと自分もロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意。

今では「学校には行きたい時に行く」スタンスで通っているようだ。

夢は「子どもだけが乗ることのできるピースボートに乗って、世界中に友達をつくること」。現在では、人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演し『ゆめのたね放送局』の最年少パーソナリティとしても活動している。

次ページ
■「行かなくていい」「他の不登校の子が可哀想」と賛否

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ