『月曜から夜ふかし』国体剣道の八百長疑惑にマツコ絶句 連盟は否定も説明に批判殺到

国体剣道の結果が怪しいと調査依頼を受けた『夜ふかし』スタッフ。連盟に話を聞いてみると…

エンタメ

2019/07/02 07:00

マツコ・デラックス

2日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で取り上げられた国体剣道の八百長疑惑と剣道連盟の説明について、驚きと批判が広がっている。


 

■「剣道国体の結果が怪しい」と調査依頼

事の発端は番組視聴者から「剣道国体の結果がちょっと怪しいので調べてほしい」と、調査依頼があったこと。

調べてみると確かにそれは事実で、数十年前から「成年男子・成年女子・少年男子・少年女子」の殆どで国体開催地が優勝しており、八百長疑惑が浮上しているのだという。真相を探るべく、番組スタッフは全日本剣道連盟理事に話を聞くことに。


関連記事:仙台育英野球部員ら8人が飲酒や喫煙 「またか」と呆れの声も

 

■理事は八百長を否定

スタッフは国体の結果が記載されたフリップを手に、「これは八百長があったとかではなく?」と突っ込んだ質問を行う。これに対し理事は「ああ、そういうことは一切ないです」と否定し、判定の難しさを力説する。

しかしスタッフは、「開催県に対しての忖度では?」と再質問。すると理事は、

「そういうことは一切ないです。国体の開催県が決まるのが7年ぐらい前。開催県の剣道連盟は5年前から強化が始まる。今年の茨城県も5年前から強化している」


と説明し、八百長を否定した。

次ページ
■「見えない力」が働く?

あなたにオススメ