ロッチ中岡、『イッテQ』からの“賞金”に衝撃 「あまりに酷い代償」

薄毛に悩むロッチ・中岡創一が、尊い犠牲を払って危険企画に挑む姿に、称賛の声が相次いでいる

エンタメ

2019/12/09 12:00

ロッチ・中岡創一

8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、ロッチの中岡創一が出演。体に負担のかかる企画に挑戦し、スタッフから「賞金」が贈られたのだが、そのとき中岡が放った一言に多くの反響が寄せられている。



 

■髪にロープ結び車を引く

モロッコにて、車と髪を直接ロープで結び、車を引くことができるという名人芸に挑戦することとなった中岡。

彼が薄毛に悩んでいることを知るスタッフから「リスクが大きいと思うので、10メートルまでいけたら賞金5,000円」と提案されるも、「イヤイヤ…髪の毛に勝る欲しいものなんかない」と尻込みしてしまう。

いざ髪とロープ、そして車が結びつけられると「紐の重さだけで痛いもん」と顔を歪める中岡。しかし、車が少し動いたことに手応えを感じ、大量の抜け毛を嘆きながらも「でもちょっと動いたよね! よっしゃ、やってみよう」とリベンジを誓う。


関連記事:『イッテQ』ロッチ中岡、髪の毛凍る過酷ロケに悲鳴 「かわいそう…」

 

■大歓声とともに「賞金5,000円」

覚悟を決めた中岡は、頭皮の激痛に耐えながら車を引き、見事10メートルまで車を引くことに成功。

会場で大歓声が沸き起こる中、スタッフから手渡された賞金の5,000円と、抜け落ちた大量の髪の毛とを交互に見つめ「『痛かった~』これの代償がこれ…いやあ勉強になるね、5,000円稼ぐのにものすごい努力がいるな」と、カメラに向かって語った。

次ページ
■「ほんと偉い」労いと称賛の声