『月曜から夜ふかし』島崎和歌子を応援するザキワカ会が話題 「ゲリラ和歌子」とは

「様々な協会を調査した件」に出演した「ザキワカ会」その正体は

エンタメ

2019/12/10 05:30

島崎和歌子

9日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に登場した島崎和歌子のファンクラブ「ザキワカ会」が話題になっている。



 

■様々な協会を調査した件に…

「様々な協会を調査した件」の最後に登場したのが、会員数3人という「ザキワカ会」。27歳男性の会長はその意味を聞かれると「島崎和歌子さん、略してザキワカ会です」と答える。

さらにその活動内容については「島崎和歌子さんの出演されるテレビだったり、イベントとかの情報を共有したりだとか、『いい写真があったよ』と送りあって和歌子さんを共有している」と話す。

島崎和歌子は親友のマツコ・デラックスも、「ザキワカ会」は認識していなかったのか、ワイプ上で驚きの声を上げた。


関連記事:滝沢カレン、カバンの中身を公開し話題に 「普通は持ち歩かない」

 

■「ゲリラ和歌子」とは

スタッフは27歳の「ザキワカ会」会長に、ハマった理由を質問。すると「高校生のときに、『Happy Life』っていうシングルを出されたんですけど、それ買って聞いたら歌声がすごい綺麗だったし、心に刺さって」と説明する。

そして島崎和歌子ファンの苦労として、「和歌子さんの事務所って、ホームページの番組出演情報とかが全然出ないんですよ。別に和歌子さん出ると思ってなくて見てて、そしたら島崎和歌子ですって出てきて、『あっ録画してない』みたいな。ゲリラ和歌子って呼んでるんですけども…」と話す。

これを聞いたマツコ・デラックスは、「ちょっといじってるでしょ」とツッコミ。さらに会長は普段家庭教師をしており、生徒には「松岡茉優が好き」と公言し、ザキワカ会会長であることは黙っていると明かした。

次ページ
■視聴者の反応は…

この記事の画像(2枚)