山本彩、セブンイレブンの略し方に物議 「初めて聞いた」「関西特有?」

『アッパレやってまーす!』山本彩が、大手コンビニチェーン「セブン-イレブン」のことを「セブイレ」と略していると明かした。

エンタメ

2020/03/17 16:00

山本彩

歌手の山本彩が16日放送の『アッパレやってまーす!』(MBS)に出演。コンビニの「セブン-イレブン」の略し方を明かし、ネットで反響を呼んでいる。



 

■「モスバ」に反響

山本といえば、14日に投稿された「モスバーガーのことをモスバって言ったら笑われたんですけど言いません?」というツイートが話題になっていた。「モスバ」という略し方に、ネット上では「言わないよ!」「初めて聞いた」とツッコミが殺到。

その結果、モスバーガーの公式アカウントから「新しい呼び名ありがとうございます」と公式認定されるまでになった。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、相方・山本圭壱と“まさかの共演” ネットで反響

 

■山本は「セブイレ派」

この日、番組では「モスバ」と略して反響を呼んだ件に言及。その他に変わった略し方をしていないか探すことになったのだが、そこで山本が「セブン-イレブン」を「セブイレ」と略していることが判明する。

主演者たちから「セブンやろ!」「セブイレって長いじゃないですか!」とツッコミが相次ぐが、山本は「関西は『セブイレ』です。これはモスバーガー(のモスバ)よりも支持されると思います」と熱弁していた。


■地域によってさまざま?

放送を受け、ネット上でもさまざまな反響が寄せられた。「支持されると思います」と自信を持って答えた山本だが、同じ関西出身のユーザーからは「セブイレは普通に言う」「セブイレって関西特有?」「セブイレって初めて聞いた…」「マジか。セブン以外言ったことない」と意外にも意見は割れる。ちなみに、しらべぇ編集部が関西出身の2名に聞いたところ、両者ともに「セブン」だった。

また、四国出身の2名に聞くと、ひとりは「セブイレ」でもうひとりは「略さない」とまさかの答えが。一方、関東出身3名に聞くと、いずれも「セブン」だった。地域ごとに、固有の略し方が見られるということなのだろう、

・合わせて読みたい→セブン、ファミマ、ローソン コンビニ大手3社が世に放った「味惑」の新商品

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)