コロナ蔓延を予言か 故水木しげるさん描いた“病魔除け”の妖怪に注目 「ありがたや」

国内で新型コロナウイルスが蔓延する中、2015年に亡くなった漫画家の水木しげるさん生前描いていた3体の妖怪が23日、ツイッター上で「ありがたや…」と話題になっている。

話題

2020/03/23 16:00

水木しげる

国内で新型コロナウイルスが蔓延する中、2015年に亡くなった漫画家・水木しげるさんが生前描いていた3体の妖怪が23日、ツイッター上で「ありがたや…」と話題になっている。



 

■「クタベ」の言い伝え

「これから原因不明の難病が流行するが、我が姿を見た者だけが助かる。我が姿を絵にしたものを見れば、難を逃れるであろう」という言い伝えを添え、江戸末期、富山県の立山に現れたという「クタベ」という妖怪を紹介した、水木プロダクション公式ツイッター。

まるで現在のパンデミックを予言したかのような伝承に、タレントの中川翔子も「描かなきゃ」と反応するなど、瞬く間にネット上の注目の的となっている。


関連記事:「一斉休校」に悲鳴を上げる食品業界 元芸人が営む豆腐店に事情を聞いた

 

■さらに2体の妖怪も

水木プロは17日にも、水木さんが生前描いていた「アマビエ」という妖怪を紹介。こちらも疫病を予言する妖怪であったことを説明した上で、「現代の疫病が消えますように」と願いをつづったところ、9万を超えるリツイート、19万ものいいねが入り、大いに拡散された。

そして23日にも、前述の「クタベ」に近い存在として「神社姫」という妖怪も紹介しており、こちらも拡散を見せている。


■早速絵を描いたユーザーも

水木さんが生前描き残していた病魔除けにまつわる妖怪に、ご利益を求める気持ちは日本人ならではかもしれない。

ネット上では「描いてみました。感染退散となりますように」「みんなクタベも描こう」「描くべし」とイラストを添えてつぶやくユーザーが見られ始めている一方、「コロナなくなりますように!」「クタベ様も流行ればいいのに」と願う声も散見されている。

・合わせて読みたい→休園中のハウステンボスが話題に 「100万本のチューリップが今ちょうど見頃」と担当者

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(1枚)