北斗晶、「家の電話には絶対に出ない」と告白 詐欺対策にも活用しているのは…

29日放送の『5時に夢中!』で、北斗晶が「固定電話には絶対出ない」と告白。そこで活用しているのが…

2020/09/30 08:00

北斗晶

29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、火曜レギュラーの北斗晶が「自宅の固定電話には絶対に出ない」と明かした。



 

■固定電話には絶対に出ない

発言が飛び出したのは、電話による詐欺についてのトピック。北斗は「自宅に電話がついてるけれども… 電話が鳴るじゃない?」と、詐欺対策にもなる「電話の出方」を明かしていく。

北斗は「本当に用件がある人って、留守番電話になっても用件を入れるわけよ。だから、アタシ絶対出ない。自宅の電話」と告白。なんと、留守番電話が作動するまで、決して電話はとらないのだという。


関連記事:薬丸裕英、クレカ会社から突然の留守電 その内容に驚き

 

■留守電の途中でとるとも

出演者一同が深く頷いて感心していると、さらに北斗は「留守番電話に用件を入れてる途中、『私、どこどこの何々と申しますが、こうこうこうでお電話しました』みたいに言った瞬間とるようにしてるのよ」と告白。

「人の声を聞いたりとか内容を聞いてとるようにしてるから、普段は電話とらないのよ絶対」と用心深さを表し、詐欺電話については「金の話する奴は全部ドロボーだと思ってるから」とスタジオの笑いを誘っていった。


■「電話に出ない」と決めているのは…

日頃から気を引き締め、対策をとっていることを明かした北斗。彼女と同様に、電話には出ないと決めている人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20~60代の携帯またはスマホユーザーの男女1,348名を対象に調査したところ、「ケータイ・スマホの電話には出ないと決めている」と答えた人は全体の10.2%。固定電話との差異はあるが、「留守電を聞く」という戦法がわずかしか普及していないことが分かる。

メールやメッセージアプリなど、電話をせずとも容易にコミュニケーションがとれるようになって久しい現代。今後、電話と人との関わり方はますます変化していきそうだ。

・合わせて読みたい→ドコモ口座騒動に便乗した詐欺が横行中… その手口があまりに酷い

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2019年10月22日
対象:全国20代~60代の携帯またはスマホユーザーの男女1348名 (有効回答数)
スマホテレビ携帯携帯電話電話スマートフォン5時に夢中!北斗晶
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング