コンビニの不織布マスク セブンイレブンとローソンでは大きな違いが

セブン-イレブンとローソンの不織布マスクを徹底比較! 比べてわかったそれぞれの違い

グッズ

2021/01/25 06:00

一時の深刻なマスク不足を受けて、現在では繰り返し洗って使えるマスクや、マスクを手作りする人も増えてきた。

しかし、花粉が飛散するシーズンを前に、再び「不織布マスク」に関心が高まっており、しらべぇ編集部ではセブン-イレブンとローソンの商品を比較してみることに。


画像をもっと見る

 

■セブン-イレブンのほうが8円安い

コンビニ不織布マスク
(左:ローソン/右:セブン-イレブン)

ローソンの自社製品「マスク(小さめ)」は7枚入りで税込み278円、対するセブン-イレブンの「やわらかマスク 小さめサイズ」は、7枚入りで税込み270円と、ごく僅かな差ではあるが、セブン-イレブンのほうが8円安い。

しかし、ローソンは昨年プライベートブランドのデザインを一新し、持ち歩きたくなるようなかわいいパッケージデザインも魅力的。

コンビニマスク

そして、どちらも感染症対策を進める中で話題となった「全国マスク工業会」の会員マーク付きだ。


関連記事:セブンイレブンで買える夏マスク 涼しくて呼吸もしやすい優れモノ

 

■ローソンは裏表が分かりやすい

コンビニマスク

ローソン、セブン-イレブンともに、予備として持ち歩く際にも便利な個包装タイプ。しかし、ローソンの個包装の袋には…

ローソンのマスク

このように、マスクの表裏が明記されているので、「正しく着用して可能な限り花粉を防ぎたい」という人には心強いのではないか。

次ページ
■ローソンは「ダブルワイヤー」

この記事の画像(6枚)