東京都、24日のコロナ新規感染者は213人 重症者数も69人と減少傾向に

東京都が発表した24日の新型コロナウイルス新規感染者数は213人。緊急事態宣言の早期解除には至らずも、着実に新規感染者は減少傾向に

社会

2021/02/24 15:15

東京都庁

東京都福祉保健局が発表した24日15時時点の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数(速報値)は、213人となった。重症者数は昨日から8人減って69人、65歳以上の新規感染者数も前日から5人減って60人だった。



 

■前週比165人減

新型コロナウイルス

2021年以降の水曜日のみの推移を見てみると、2月10日(491人)、17日(378人)と減少傾向が続いてきたが、ここへ来てグッと新規感染者数が抑えられてきている。

前日と比較しても、62人減少した。


関連記事:東京都、14日のコロナ新規感染者は371人 400人下回るも2日続けて増加傾向

 

■年代別では40代が最多

直近7日間の移動平均は294.7人で対前週比83.3%。また、年代別では、40代が最も多く38人、続いて50代が32人、20代が28人と続く。

男女別では男性102人に対して女性は111人と、女性の割合が若干上回っている。参考となる3日前(2月21日)のPCR検査実施件数は、1,544件と発表されている。東京都の累計感染者数は110,400人となった。


■緊急事態宣言解除、東京都は3月7日まで

首都圏の1都3県については、緊急事態宣言の期間は3月7日までとなる見通し。

依然として油断できない状況に変わりはないものの、新規感染者数が減少傾向にあることには、インターネット上でも「今週はここまでのところ順調に減ってる」と、安堵している様子のユーザーの投稿が多数見受けられた。

・合わせて読みたい→東京都、5日の新規感染者は577人 重症者は前日から2人増え117人に

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)