滝沢秀明、ジャニーズ事務所を退社 「本当に頑張った」3年間の功績を称える声

滝沢秀明がジャニーズを去ることが発表された。裏方に回ってからも功績を残し続けていて…。

2022/11/01 07:35


滝沢秀明

1日、滝沢秀明がジャニーズ事務所を退社することが発表された。滝沢は2019年からジャニーズJr.のプロデュースを手がけるなど、裏方に回っていた。そんな彼の大きな決断に対して、ネット上では様々な声が…。


 


 

■裏方に回って3年

滝沢は2018年末で約23年に及ぶ芸能生活を引退。19年からジャニーズJr.のプロデュース業に関わっていた。同年7月にジャニー喜多川さんが亡くなった後はジャニーズ事務所副社長、さらには同年創設された関連会社・ジャニーズアイランドの社長に就任。

裏方に回って3年経った10月31日をもって、ジャニーズ事務所副社長およびJr.のプロデュースを手がけるジャニーズアイランド社長を辞任した。アイランドの後任には、V6元メンバーの井ノ原快彦が就くという。


関連記事:Travis Japan、世界デビューするまでに… 7人を育て上げた「元ジャニーズ」

 

 

■絶大な功績を残す

裏方に回っても滝沢の手腕は健在だった。2020年にSnow Man(スノーマン)とSix TONES(ストーンズ)を同時デビューさせ、両グループとも第一線で活躍するまでに成長した。

10月28日に世界デビューを果たした7人グループ・Travis Japan(トラビスジャパン)の育成にも深く関わっていた。

俳優・滝沢秀明の功績【Amazonでチェック】

次ページ
■「自ら挨拶回りを…」
プロデュース井ノ原快彦ジャニーズ事務所ジャニーズJr.退社裏方滝沢秀明タッキージャニーズアイランド
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング