汚くない?まくらを5年以内に買い換える人はたった17.9%

コラム

2015/12/27 10:00

まくら
©iStock.com/ValuaVitaly

睡眠のおともに欠かせない「まくら」。人によっては「いつも使っているまくらじゃないと寝れない!」というぐらい快眠を得るために大事なものだろう。

同じまくらを何年も使い続けている人も多いと思うが、どれくらいの時期で買い換えているのか気になったので調査をした。

まずは、まくらを1年に一度は買い換えている人を調べた

【まくらを1年に一度は買い換えている人】 333人 マインドソナー

グラフ_1結果は、7.8%とかなり少ない結果となった。では、3年ではどうだろうか?

【まくらを3年に一度は買い換えている人】185人

グラフ_21年より多少は増えたが13.5%とこちらも少ない結果となった。続いては、5年ではどうだろうか?

【まくらを5年に一度は買い換えている人】206人

グラフ_35年で見ても20%に満たないことがわかった。

 

■まくらの買い替え時期は?

ふとん・寝具の東京西川のサイトにあるコラム「まくらの寿命は?」で、素材ごとの寿命の目安を紹介しているのでコチラを紹介したい。

・まくらの耐用年数の目安

1.わた素材・・・2~3年
2.フェザー(羽根)・・・2~3年
3.ウレタンフォーム(低反発など)・・・2~3年
4.パイプ素材・・・4~5年
5.そばがら・・・1~2年

パイプ素材を除くとどれも3年以内が買い替え目安になっている。これは耐久性だけでなく、衛生面からも買い替えをオススメしているようだ。首の部分は一晩に茶さじ1杯分の汗をかくと言われているそうで、これだけの汗を毎日まくらが吸収していることや、死んだ皮膚や髪などについた汚れがまくらに落ちていることを考えると、何年も使っていることにゾッとする人もいるのではないだろうか?

新年になるタイミングで、まくらの買い替えを検討してみるのも良いかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・砂流恵介


あなたにオススメ