しらべぇ

悲しすぎる非リアの実態…モテるため携帯すべきアイテム判明

リア充と非リアの違いを徹底調査。リア充との分かれ目は、あのアイテムを使っているかだった…

提供:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー

人間関係 PR

20170420LISTU_P02_825Meyecatch 暖かくなって、春は心浮き立つ季節。しかし…春が来たのは、リア充だけなのか!? SNSのタイムラインを見ると、花見やBBQ、デートらしきカフェや料理写真の数々。

非リアな記者は「呼ばれてない!」と自己主張する勇気もなく、うらやましさの怨念を込めた「いいね!」を押すしかできることはないのか…。

いや、もっとできることがあるはずだ! 現実を見つめ、この状況を克服すべく、モテと非モテ、リア充と非リアの違いを徹底調査することにした。  

 

■あまりの現実に愕然

しらべぇ編集部が仕事やプライベートなどリアルが充実している「リア充」、リアルが全然充実していない「非リア」の男女各150名に調査を実施したところ、あまりにも違いすぎる現実が浮き彫りとなった。

まずはこのグラフ 20170420LTU_1 シンプルにリア充かどうかを測る「友達が多い」は、リア充が62.0%に対して、非リアはわずか2.0%。じゃあ「仕事を楽しんでいる」かどうかを聞くと、リア充は68.0%だが、非リアは9.3%。

周囲への影響力や発言権はどうだ!? と「言いたいことははっきり言う」かを問えば、リア充は73.3%なのに、非リアは24.0%。

たたみかけるような展開で、最も差がないものでもトリプルスコアを超える大差で惨敗である。

しかし、ドラマや映画に出てくるような、壁ドンとか顎クイなんてことになったら、リア充でもそうそうないだろうし、アニメやコミックでイメトレばっちりな非リアにも、ひょっとして軍配が上がる可能性が… 20170420LTU_2 なかった。

むしろ非リア女子は0%という、切なすぎる現実が明らかになっただけなのか…。

しかし、この至近距離モードはやはりハードルが高いらしく、リア充の数値も一気に下がった。とはいえ、それでもリア充平均では36.7%で3人に1人以上が、そのハードルを越えている。

リア充はどうやって、この超・至近距離なアプローチを実現させているのか? 徹底調査の中に、それを可能にしたと思われるデータが発見できた。  

 

■スキのないケアが勝因か

「イベントや遊びによく誘われる」「身だしなみに気を遣っている」など多数の調査結果をつぶさに分析すると、大きな差が出ていたのはずばりオーラルケアの領域だ。 20170420LTU_3 「オーラルケアに気を遣っている」かの質問に、リア充は「あてはまる」「まああてはまる」を合わせて82.0%だが、非リアは24.7%。

次いで特に大きく差が現れたのが、口臭予防の強い味方「マウスウォッシュを使っている」かの比較 20170420LTU_4 リア充は89.3%も使用しているのに、非リアは38.7%しか使っていない。

この差か!? この差なのか!

口臭ケアに関する自由回答を見ても、非リアは「特になし」「何もしていない」などが目立ち、「歯磨きは朝晩きちんと行う」はいいが、「にんにくが入っている料理はなるべく食べない」「口臭が気になっていていつも人と話すのを控えている」というものも。

これまで自分を非リアとはいえ「人並みに気を遣っている方だ」くらいに思っていたが、確かに自分もマウスウォッシュまでは使っていない。

その一方で、リア充は「マウスウォッシュはお昼ご飯の後には必ずするようにしている」「小まめにハミガキやマウスウォッシュを使うよう、心がけている」「営業職なので、マウスウォッシュをカバンに入れて、外出先でもこまめにケアするようにしている」などが並ぶ。

しかもハッとしたのは「口臭で幻滅した女性がいたので、自分は引かれないように気をつけている」(リア充・20代・男性)のコメント。

どんなに美人だろうと、イケメンだろうと、口がクサかったら幻滅されるのだ。  

 

■リステリンでどこでもケア

ちょうど昼休み明けの亜希子記者に、マウスウォッシュを使っているのか聞いてみたら… 20170420LISTU_P03_862 「もちろん使ってるよ!」と取り出したのは、お口の3大トラブル「口臭」「歯垢の沈着」「歯肉炎」を予防する医薬部外品のマウスウォッシュ『薬用リステリン®』  

しかも「ボトルがカラフルでかわいいから、いつも持ち歩いてるわ」とバッグには、クールミントの携帯ボトルが! 20170420LISTU_P04_923 ぉお! 確かにこれなら手軽に持ち歩ける上に、カバンに入っているアイテムとしても、オシャレな感じがする。

リア充のコメントでも、具体的に挙げる人がみられ「リステリンを使っている。前は距離が近いとこっちが引いてしまうときがあったが、口臭ケアをするようになって『近づいても、大丈夫』と思えるようになり、人と話すのも積極的になったと思う」といった、「元・非リア」とおぼしき話も。

そのほかにも「携帯ボトルが便利。トイレや化粧直しのついでに手軽にケアできるし、アウトドアはでは歯磨きがこまめにできない時もあるから、普段から持ち歩いてるけどBBQやフェスなどは必須」(リア充・30代・女性)  

「複数のフレーバーを常備して、気分によって使い分けている。種類が多いだけじゃなくて、カラフルなので、洗面台の彩りにもなっているし、遊びに来た友達からも『これだけ並ぶとオシャレだね』と好評」(リア充・20代・男性)

20170420Listerine_restroom001 こんなイメージか。

家に友達が来て「オシャレだね」って言われる…それはなんか、ものすごーくリア充な感じがするっ!

そうか! やっぱりリステリン®があれば、俺も、俺も…リア充に近づける気がしてきたぞ。  

20170420LISTU_P01_830 『薬用リステリン®』で口臭ケアを完璧にして、こんな笑顔で白い歯を輝かせれば、非リアを卒業できるはず。 20170420LISTU_P02_825 この季節の新緑のような爽やかな息で、臆せずかわいい女子と仲良くなってリア充へと進化を遂げるために、『薬用リステリン®』ぜひ使ってみよう!


薬用リステリン® 医薬部外品

・合わせて読みたい→20代会社員が語る「上司を嫌いになった理由」がヤバい

(文/しらべぇ編集部 提供/ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月21日~2017年3月23日
対象:全国20代~40代の男女300名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集