阿佐ヶ谷姉妹・江里子にモテ期到来? ゲス番組でなぜか視聴者ほっこり

『金曜★ロンドンハーツ』の「ラブマゲドン」企画で、阿佐ヶ谷姉妹・江里子が予想外のモテモテぶりを発揮した。


 

■一人を愛し抜ける人は3割

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,343名を対象に「一人の相手を愛し抜く自信があるか」について調査を実施。「ある」と答えた人は、全体の34.2%という結果となった。

sirabee20170323ookiakikolove003

世代や性別を問わず、一途な人は3~4割程度。半数以上は「目移りするかもしれない」あるいは「1人だけなんて物足りない」と考えていることが類推できる。


関連記事:博多大吉、母親の呪いに悩む視聴者に一言 生放送中の気遣いに「グッときた」

 

■一途なほど恋は実りやすい?

今回の企画では、一途な愛を貫いた大吉が真っ先にカップル成立を果たした。カズと結ばれたはらも、最初からカズだけを選び続けていたという。逆に、意中の相手をコロコロ変更した高橋は最後まであぶれる結果に。

恋を成就させたいのであれば、一度好きになった相手だけをとことん愛し抜く覚悟を決めてアタックし続けるのは、1つの有効手段なのかもしれない。

だが、度を超してしまうとストーカー化してしまう可能性もあり得る。それだけに、バランス感覚にはくれぐれも気を付けたいところだ。

・合わせて読みたい→倉科カナ、おひとりさまを極め写経にハマる 「一番恥ずかしかったのは…」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1343名