阿佐ヶ谷姉妹・江里子にモテ期到来? ゲス番組でなぜか視聴者ほっこり

『金曜★ロンドンハーツ』の「ラブマゲドン」企画で、阿佐ヶ谷姉妹・江里子が予想外のモテモテぶりを発揮した。

江里子
(画像は阿佐ヶ谷姉妹 ワタナベエリコ公式Twitterのスクリーンショット)

20日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日・ABC系)にて、「究極恋愛シミュレーション ラブマゲドン」企画が行われ、男女計15名の芸人が出演した。

「もし地球上にこの15人しかいなかったら誰と結ばれたい?」をテーマにフィーリングカップルを実施。壮絶な男女の駆け引きが繰り広げられた。


 

■阿佐ヶ谷姉妹・江里子がモテモテ

同企画に登場したのは、男性陣が博多大吉(博多華丸・大吉)、大悟、ノブ(ともに千鳥)、高橋茂雄(サバンナ)、コージ(ブリリアン)、カズレーザー(メイプル超合金)、小宮浩信(三四郎)、中岡創一(ロッチ)の8名。

対する女性陣は馬場園梓、隅田美保(ともにアジアン)、まひる、よしこ(ともにガンバレルーヤ)、ゆりやんレトリィバァ、はら(ゆにばーす)、江里子(阿佐ヶ谷姉妹)の7名だ。

第1ラウンドで大吉とカズから選ばれたのは江里子。カップル成立とはならなかったが、第2ラウンドでも大吉とカズの気持ちは変わらず、江里子を再指名した。さらに高橋からも江里子が選ばれ、計3名で1人の女性を奪い合う形に。


関連記事:『ロンハー』が挑戦的な企画を断行 あえての過剰演出でテレビのあり方にメス?

 

■ゲスい企画なのに視聴者ほっこり

この事態に、思わず江里子は「モテた~!」と表情を崩して絶叫。3人が江里子を選んだ理由を聞き、「こんなに思われたことなかった」と涙ながらに感情をあらわにした。

この結果、見事大吉と江里子が最初のカップル成立を果たす。スタジオに集結した出演者がスタンディングオベーションで温かな拍手を贈る、異例の事態となった。

この組み合わせには視聴者からも「納得のカップル」「熟年夫婦って感じでいい」「お姉さん良かったね…」など祝福の言葉が相次いだ。

本来はもっと低俗な笑いを提供することを目的とした企画。だが、年齢を重ねた真面目な印象の2人が真っ先に結ばれたことで、視聴者もうっかりピュアな視線で見守ってしまったようだ。

次ページ
■一人を愛し抜ける人は3割

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ