ブス界イチの美女・大沢あかね、人工知能の「顔採点」で驚きの結果が

『スッキリ』で人工知能のディープラーニングについて特集。顔採点システムを使い加藤浩次、大沢あかね、水卜麻美、ハリセンボン・近藤春菜を採点した結果…

エンタメ

2018/06/07 10:00

大沢あかね
(画像は大沢あかねオフィシャルブログのスクリーンショット)

進化し続ける人工知能・AIについて6日放送『スッキリ』(日本テレビ系)で特集。最新の顔認証技術を応用した「顔採点システム」で、加藤浩次(49)、大沢あかね(32)らを採点し、大きな話題となっている。


 

■新技術・ディープラーニング

自動運転やスマートスピーカーにも搭載されている、人工知能の最新分野・ディープラーニング。

これは「人工知能が勝手に学習し進化し続ける」システムで、2016年にはAI「アルファ碁」が世界最強クラスの囲碁棋士に勝利したが、これもディープラーニングによって「学習し進化した」結果だ。

「全自動洗濯もの折りたたみ機」などさまざまな家電や医療分野にも取り入れられ、生活をより豊かに、楽にしてくれる人工知能だが、顔認証システムにも応用され大きな進化を見せているという。


関連記事:池上彰氏、「芸能人キャスター」を批判 NEWS小山の不祥事で説得力急上昇

 

■最新の顔認証システム

防犯で役立つ顔認証システムにおいて、ディープラーニングにより進化し続ける人工知能は「人の顔」を学習。これまでは難しかった横顔や、サングラスなどをつけた状態での人物特定はもちろん、10年前の写真から現在の姿を予想し特定できる。

さらにその技術を応用し「顔の美しさ」を測定できる「顔採点システム」まで登場。数百万人の顔を登録し数百人がその顔を採点、それを学習した人工知能が、新規の顔の「点数と年齢」を採点するという。

次ページ
■顔採点で大盛り上がり

この記事の画像(1枚)