「非正規の格差をなくせ」に不満の正社員女性 強気な投稿に賛否が相次ぐ

「非正規雇用の格差をなくせ」の声に不満の女性。その理由に賛否が相次ぐ。

 

■「努力して正社員を目指せばいい」

一方で、投稿者に共感する声も。「給料に不満があるなら、努力して正社員を目指すべき」といった声や、格差救済に甘えるべきではないとの意見が寄せられた。

・同感です。格差を無くしたいなら努力して正社員を目指せばいい。正社員として働いている人は、ちゃんとそれなりの理由があって正社員なんですよね。そうじゃない人が楽してるとは思わないけど、やっぱり対応に差があるのは当然で、正社員と同じ扱いにしろというのは何か違うと思います


・私は非正規だけどね。そんな事は思わないよ。格差なくせって、何にもして来なかった人が言ってるだけじゃない? ってのはよくわかります。だって私は何にもしてこなかったもの。ただ生きてただけ。自分の都合の良いように楽なように生きて来たから、そんな正社員と非正規の格差なくせ! とか思っちゃいないですよ


関連記事:NEWS・増田貴久、『MUSIC DAY』歌唱後の行動に「泣ける」と称賛の声相次ぐ

 

■「非正規雇用の人」をどう思う?

「正社員いじめ」の問題もあり、待遇が弱いとされがちな非正規雇用の人たち。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,368名に調査したところ、7人に1人が「非正規社員などと関わりたくない気持ちがわかる」と回答した。


社会の底辺と関わりたくない 14.5%

何らかの理由で「非正規は…」と怒りや嫌悪感をもっている人も一定数いるようだ。


働き方改革が進み、格差はなくなっていくかもしれない。そのとき、投稿者は何を思うのだろうか。

・合わせて読みたい→『バイキング』欠席の坂上忍、手術を受けていた 「やつれてる」と心配の声

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

あなたにオススメ