しらべぇ

なぜ期待のアイドルを「山口百恵の再来」と呼ぶのか? マツコ・有吉「ジジイが夢見ているだけ」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でスター候補を「山口百恵の再来」と呼ぶ風潮にマツコ・デラックス、有吉弘行が苦言を呈した…

エンタメ

25日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、大型女性新人・スター候補が現れると「山口百恵の再来」と言われがちな風潮に、マツコ・デラックス(45)、有吉弘行(44)が持論を展開。視聴者から賛同の声があがっている。

 

■ジジイが再来を夢見ている

1973年デビュー、わずか7年の芸能活動ながら『プレイバックPart2』『いい日旅立ち』『秋桜』など数々の名曲を世に送り出し、女優としても高い評価を受けた伝説のスター・山口百恵。

新人に期待を込めて「山口百恵の再来」と評する風潮に、有吉は「しょうがない。新聞読むのも記事作ってんのもジジイだから」、マツコは「『百恵ちゃんみたいな子出てこねえかな、育ててえな』ってジジイが夢見ている」と一喝する。

引退後、一度も表舞台に出てこない山口を、「もう(あれほどのスターは)出てこない。絶頂期で辞めて年を取る姿を見ていない。『まだやめないでよ』ってまま、全盛期しか知らないから伝説になる」と2人は評した。

 

■的外れだからピンとこない

ネット上で「山口百恵の再来」と呼ばれているのは欅坂46・平手友梨奈や石原さとみ、ほかにも「リアル峰不二子」が藤原紀香と小倉優香、「楊貴妃の再来」が宝塚時代の檀れい、このように過去の美女を「美貌・スター性」の表現として用いる例は少なくないようだ。

これに対し2人は「的外れだからピンと来てない」と厳しく指摘。昨今の芸能界では「安室奈美恵が山口百恵に最も近い」と総括した。

 

■今は「圧倒的な何か」にはなれない時代

記憶の中で「神格化」してしまうため「山口百恵は超えられない」としながら、2人はさらに「なぜ今の芸能界に本物のスターやアイドルが生まれないのか」を語りだす。

マツコは、スターには秘密の部分が必要だと前置きし、「送り出す側・ファンも含めてみんなで作り上げていくもの。誰でもパシャパシャ撮る、SNSが発展した時代にスターは生まれない」と嘆く。

「会いに行けるアイドル」AKBグループのように、現在主流の身近な存在とは真逆なのが山口だとし、「山口百恵は町内にいなかった。面白い、チャーミングな子は誕生するけど圧倒的な何かにはなれない」と結論付けた。

 

■視聴者に大きな反響

芸能界の売り出し方・儲け方の違い、時代の変化も「本物のスター」が誕生しない背景があると語った2人。視聴者からも大きな反響が起きている。

■20%が「人生の絶頂期を語りがち」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,348名を対象に調査したところ、全体の20%が「人生の絶頂期だった頃の話をよくしてしまう」と回答した。

人生の絶頂期性年代別グラフ

「あのころは良かった」、過去の絶頂期を思い返す人は少なからずいる。しかし時が経つにつれ、過去の栄光は、大きなものになっていくものだ。

マツコらのいうように、過去だけで活躍した人物だからこそ山口百恵は永遠に「伝説のスター」と評され続け、超えることのできない高い壁になっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→マツコ・有吉、店員への態度がデカい客に怒り 「まぐれで金持ったジジイ」批判に称賛も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu