乃木坂46・秋元真夏が『吉本坂46』に闘争心 『インフルエンサー』の完コピ願望も

『KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018』の記者会見に乃木坂46・桜井玲香、秋元真夏、若月佑美が登場した。

エンタメ

2018/08/23 18:30


 

■吉本坂46に「負けてられない」

同月20日にメンバーの決定が発表された『吉本坂46』に話が移る。

秋元真夏

吉本興業グループに所属するタレントで構成されているため「芸人さんが多いと思うので面白いじゃないですか、負けてられないなって思いますね」と闘争心を露わにする秋元。

一方、桜木は「なだぎ(武)さんが入っていたことに衝撃を受けて…」と話す。

聞くと、以前共演した際に「絶対に入らないよね」と話していたらしく「嘘だろって連絡しちゃいました(笑)」と微笑ましいエピソードを披露した。


関連記事:隅田川花火大会を今年も中継! 台風予報に高橋真麻が「え?」と驚き

 

■『インフルエンサー』完コピが条件?

坂道グループとして活動するとなると、アイドルとしては後輩にあたる。アドバイスを求められた若月は「ライブ中のMCの尺は結構短いです」とかなりリアルに答える。

若月佑美

「私達はそこに四苦八苦しているところもあって、そこには長けていると思うので…」と期待も込めての助言だったよう。

また、秋元が「いつか『インフルエンサー』を完璧に踊ってほしい!」と思い出したように話し「そしたら坂道グループの一員です」と条件を提示。

なだぎ武やココリコ・遠藤などの40代後半、そして63歳の村上ジョージも在籍する『吉本坂46』に、レベルの高いあのダンスは踊れるのか。今後の動向が楽しみだ。

・合わせて読みたい→AKB48がオリコンV8達成 「握手券が売れてるだけ」「知らない曲」と怒りの声も

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

この記事の画像(9枚)