明石家さんま、話題の流行語「すこ」に困惑 10代女子が『さんま御殿』に大集合

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、ゲストとして10代女子の芸能人が登場。

エンタメ

2018/08/29 07:30

女子高生
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus)

28日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、13歳から19歳の10代女子がスタジオに大集合し、司会の明石家さんまと大激突した。

番組では、10代女子が語った「超最新の若者言葉」が話題を呼んでいる。

 

■最新の若者言葉「すこ」とは

番組ゲストの伊藤桃々は、「最近では『好き』を『すこ』って言う」と発言し、他の出演者も共感。すると、すかさずさんまは、10代女子から「すこ」の使い方を伝授してもらう。

「すこにはどう返したらいい?」と質問するさんまに、10代女子は「『すこや』って使ってみてください」と、「すこ」をさんま風にアレンジした言葉を提案。

さんまは早速「すこや」を使ってみせた後、「好きでええやないか!」とツッコミを入れた。

 

■「すこ」を初めて知った人は…

一部の視聴者からは、超最新の若者言葉である「すこ」を、初めて知ったという声が続出。

次ページ
■もともとはネットスラング?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ