生後11ヶ月の娘、湯船に放置され死亡 父親が語った理由に「狂ってる…」と震撼

0歳児の娘を湯船に1時間半放置し、脱水症状にして死亡させた両親。その行為に至った理由は「ゲームする時間を作るため」というものだった。

社会

2019/02/18 16:30

風呂
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供に対する親の虐待関連のニュースが多く報道される今日この頃。多くの人が胸を痛めているだろうが、一昨年に埼玉県戸田市で、痛ましい事件が起こっていたことが判明。

ネット上で注目を集めている。


 

■「ゲームとダイエット」で娘を湯船に放置

埼玉県警は15日、生後11カ月の娘を自宅の浴槽のなかに放置し、死亡させたとして、33歳の父親と36歳の母親を重過失致死容疑で書類送検した。

報道によると、ふたりは娘に浮輪をつけて湯船に浮かばせたまま、約1時間半放置。脱水症状などにさせて死亡させた疑いがあるという。

なお、父親は娘を湯船に放置した理由について、ダイエットさせようと思ったこと、そしてゲームをする時間を作りたかったことなどを語っているという。


 

■「狂ってる」「なにがダイエットだ」

父親が警察に対して語ったとされる内容に対し、ネット上では怒りと恐怖の声が広がっている状況だ。

・1歳にもならない赤ちゃんに、なにがダイエットだ


・0歳児にダイエットって狂ってるだろ…


・33と36歳って…いい大人が何やってんの。もちろん、若くてもいいって訳じゃないけどさ


・育てられないのなら子供を産まないでほしい


・子供を作っちゃいけない人間だった

次ページ
■両親から虐待を受けた経験は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ