堀ちえみ、がん手術後に夫が「スカーフ」をくれた理由 「涙が出ました…」

舌がんの手術後、今月10日から外出ができるようになった堀ちえみ。夫がスカーフを贈った理由に感動の声が

堀ちえみ

先月22日に、舌がんの切除手術を受けたタレント・堀ちえみ

14日更新のブログで、夫からホワイトデーのプレゼントを貰ったことを明かし、その内容に多くの反響が寄せられている。


 

■仕事前に突然病室に現れた夫

最近では寝汗もかかなくなり、朝まで熟睡できるようになったという堀。

この日は、夫が仕事前にお見舞いに来てくれたそうで「どうしてこんな時間に?」と疑問に思っていると、「はい! プレゼント!」と夫から紙袋を渡された。

中身を見てみると、中にはイタリアのファッションブランド・ETRO(エトロ)のスカーフが。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■「首の傷が日焼けしないように」

夫からのホワイトデーのプレゼントに、堀は「忘れていたので驚きました」と率直な感想をつぶやく。

「なぜスカーフなのか?」と尋ねたところ「首の傷が日焼けしないように」とのこと。堀は今月10日から外出できるようになったことを報告しており、手術の跡をオシャレにカバーできるようにと気遣ってくれたようだ。

また、パティシエの鎧塚俊彦氏からも「これだったら柔らかいから食べられると思って」と、生チョコレートの贈り物が。

堀は「嬉しい心遣いです」「ありがとう。感謝です」と嬉しさを滲ませた。

次ページ
■「本当に素敵」「涙が出た…」

あなたにオススメ