青森県でマグロを食べるのはド素人? 津軽マニアが語る「青森の最強魚2種」が激ウマ

青森県津軽地方マニアが語る、青森県最強の魚2種とは

美味しい魚がたくさんある青森県だが、青森県津軽地方マニアの男性いわく「青森県でマグロを食べる人はド素人」だという。

なぜなら有名なブランドマグロ『大間のマグロ』は良いものは全部東京などの高級寿司店へ行ってしまうため、地元にはほぼ残らないのだそうだ。


 

■青森最強の魚は白身魚2種?

彼は「青森で一番美味しい寿司は筋子巻き」だと言うので青森市の名店へ行ったところ、確かに超絶ウマい筋子巻きを食べることができた。

また、彼いわく「下北のほうはあまりよくわからないが津軽でもっとも美味しい魚は、津軽民なら知らない人はいない白身魚2種」らしい。


関連記事:太宰治も愛した青森県に伝わる伝説の津軽風おにぎり 『若生おにぎり』がウマすぎる

 

■マニアがおススメする魚とは

いったい彼がおススメする白身魚とは何なのだろうか? その魚が食べられる場所だけ教えてもらったので、さっそく行ってみることにした。

まず1軒めは、津軽半島中央部に位置する中泊町の特産品が販売されている直売所『ピュア』。ここでは中泊町が青森県ナンバーワンの水揚げを誇る、高級魚のメバルが食べられるようだ。

次ページ
■中泊メバル膳

この記事の画像(16枚)


あなたにオススメ