動けるGカップ・犬童美乃梨 「サマスタ」2冠で見せたストイックすぎる一面

「サマー・スタイル・アワード新人類」にて2冠を達成した犬童美乃梨にインタビューを実施した。

オトナ

2019/08/20 09:00

犬童美乃梨

「動けるGカップ」「グラビア界NO.1 BODY」。これらのキャッチコピー通りの魅力的なボディで、人気を博すグラドル・犬童美乃(25)。

彼女が今年7月、夏が一番似合う男女を決める大会「サマー・スタイル・アワード新人類」に出場し、「ビューティーフィットネスモデル部門」「カップルモデル部門」の両部門で二冠を達成した。

体つきを激変させるほど、彼女を本気に駆り立てたものはなんだったのか——本人に迫った。


画像をもっと見る
 

 

■大会直後に食べたものは…

インタビューの前日、彼女はYouTubeチャンネル「#みのとれ」にてピザの大食いに挑戦していた。大会2冠の祝辞を述べつつ、その動画に触れる。

———先日のアップされた動画、本当においしそうに食べてて癒されました(笑)。

犬童:見てくれたんですね、ありがとうございます! 私、ピザもですけど、チーズがめちゃくちゃ好きで…チーズだけで飲みたいくらい(笑)。自分でもあの動画を夜中に見て、また食べたいなってなってます。

———ちなみに、大会終わった後は何を食べましたか。やはり高カロリーなもの食べたくなるのでは?

犬童:もともとからいものが好きなので、大会後は火鍋行こう! って話になって。でも終わった時間が遅かったので、「赤から」に行くことになったんですよ。「お店が赤字になるかも」ってくらい食べたんですけど、今思うと割とヘルシーなもの食べてますね(笑)。


関連記事:人気グラビアアイドルの「カップ数」まとめ 【Gカップ編】

 

■堂々たるパフォーマンスの裏は…

———改めて「サマスタ」2冠おめでとうございます! 振り返ってみて大会どう思いますか。

犬童:そもそも自分がコンテストに出るって思ったこともなかったですし、普段のグラビアのお仕事やライブとは全く違う緊張があって。すごい、いい経験になりましたね。でも、とにかく緊張してた…。

犬童美乃梨

———意外です…大会の様子を見させていただいたのですが、堂々としてて緊張していないように見えました。

犬童:いやいや! 本当に緊張で震えが止まらなくて、思ったポージングができないんですよ! 最初に二人で挑む「カップル部門」があったんですけど、そのおかげで「ビューティ部門」でも全力のパフォーマンスができたと思います。


逆に「ビューティー部門」が先だったら、足がガタガタで上手くできなかったかもしれません…。直前までは余裕をこいてたけど本番ではもう心臓が飛び出そうでした(笑)。

次ページ
■きっかけはジムのトレーナー

この記事の画像(11枚)