ブルゾンちえみ、1万円でフリマ出品したブレスレット 裏事情に注目

ブルゾンちえみは、自身のインスタで3日間開催していたフリーマーケット「もってけ泥棒祭り」の売上を報告。

エンタメ

2019/10/30 06:15

タレントのブルゾンちえみが、29日インスタグラムを更新。自身が開催したフリーマーケットの売上を報告した。


 

■売上はすべて寄付

「もってけ泥棒祭り」と題し、私物の断捨離を兼ねたフリーマケットを開催したブルゾン。売上や別で集まった募金は、全て台風19号の被災地へ募金するという目的で3日間開催されたフリーマーケット。最終的に、売上と募金合わせて578,976円集まったという。

今回の投稿では、売上の報告とともに募金画面を掲載し、責任を持って寄付したことをファンに示している。

View this post on Instagram

フリマ的断捨離「もってけ泥棒祭」  売り上げ 1日目 ¥90,000 2日目 ¥99,000 3日目 ¥179,200  募金 ¥210,776  合計 ¥578,976  こちらを、 募金してくださったみなさんを代表して台風19号の被害へ全額責任持って 寄付させていただきました!  ありがとうございました!!   「昔ワンナイトを過ごした男が置いていったブレスレット」が このフリマでズバ抜けて高額商品(1万円)だったのですが 屈強な男が、買って帰っていきました。 ありがとうございました。   巡り巡るねえ 

A post shared by Buruzon Chiemi (@buruzon333) on


関連記事:ブルゾンちえみ、戦闘力35億の奇抜すぎるファッション 「蜂の巣みたい」と話題

 

■商品の名前にツッコミ

また、今回のフリーマーケットでもっとも高額の値段を設定した商品「昔ワンナイトを過ごした男が置いていったブレスレット」もコメントで紹介。1万円という高額設定にも関わらず、「屈強な男が買って帰っていきました」と報告している。

投稿を受けてファンは「素敵な企画をありがとう」「自分も心温かい人になりたい」とブルゾンの企画に感動している様子。他にも、独特なネーミングセンスのブレスレットについて「気になる」「いけないことを考えてしまう」といったツッコミが。


■他にも独特な商品が

今回フリーマーケットで出品された商品には、他にも独特な商品名がついている様子。25日に投稿された写真では、「赤線を引きすぎて何が大事かわからない参考書」「ブリリアンがイギリスへロケに行ってきたときのおみやげ(未使用)」などいくつか商品が紹介されているようだ。

View this post on Instagram

フリマ的断捨離 「もってけ泥棒祭り」 2日目 ありがとうございました!!   今日も、たくさんの募金集まりました😊  たくさん素敵な気持ちを伝えてもらって 私は、幸せな気持ちになることができています。 素敵な気持ちを、ありがとう!  上手く喋れない!と悔やんでくださる場面もありますが 大丈夫です、言葉はなくとも会うだけで いろいろ伝わっておりますほんとにありがとう!!  だから3時間あっという間で、 めちゃくちゃ幸せな気持ちで 心がいっぱいになりました。  普段聞けない、生の声を聞けました  雨の中、寒い中、遠いところ、朝早くから、!!  たーーーくさん! 今日も本当にありがとう!!愛    もし、ウィルスミスのフリマがあったら、 私は、ホコリでも買わせてもらうと思う 愛

A post shared by Buruzon Chiemi (@buruzon333) on

今回の企画でファンとともに多額な寄付をしたブルゾン。参加できなかったファンからも被災地の1日も早い復興を願う声が多く寄せられている。

・合わせて読みたい→ブルゾンちえみ、金田正一さんとツーショット公開 生前の交流に感謝の思い

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

この記事の画像(1枚)