スーツの1番上のボタンの意味をチコちゃんが解説 使い方に「言われてみれば…」

『チコちゃんに叱られる』でスーツの秘密について明かす。1番上のボタン穴の使い方に「見たことある」「言われてみれば…」

エンタメ

2020/01/18 05:00

チコちゃん

17日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「スーツの襟の穴はなんのため?」に注目が集まっている。スーツにはボタン2つの他、襟にもボタンの穴があるが使ったことのある人はすくないだろう。



 

■スーツのルーツは軍服

気になるチコちゃんの回答は、「花を挿すため」という。道行く人で、襟のボタン穴に花を挿している人は見たことがないが、歴史が関係しているようだ。

歴史を辿ると、スーツのルーツは軍服にあると紹介。スーツの襟をたてるとヨーロッパの軍服のような形になるのがその証拠だという。

軍服はやがて、襟が寝た形のフロッグコートというものが出てきた。それがさらに変化し、燕尾服やモーニングスーツに。燕尾服やモーニングスーツといった服は、貴族の中でもお尻を隠すのが上品ということから、後ろの部分が長いつくりになっていたという。

やがてお尻を隠すという文化が廃れ、後ろの長い部分をカットしたラウンジスーツが登場し、現在のスーツの原型に進化した。


関連記事:仕事の成果にも影響?オーダーメイドスーツにこだわる人の特徴

 

■知識自慢のために…

フロッグコートの時代に襟が寝たことで1番上のボタンは必要なくなったが、軍服の名残を残したいということで、穴の形式だけ残されることに。

ボタンの穴がちょうど良いということで、貴族たちは花の知識を自慢するためにフロッグコートに花を挿すことが多かったようだ。その名残は今も残っており、イギリスの王族が1番上のボタン穴に花をつけている様子を見ることができる。

次ページ
■「スーツにそんな歴史が」「確かにみたことある」