アンゴラ村長、破局後に心無い言葉で批判されて… SNSで怒りの反論

にゃんこスター・アンゴラ村長がインスタグラムのストーリーを更新。「学芸会レベル」と批判してきたネットユーザーに怒りをあらわにした。

エンタメ

2020/02/06 16:40

アンゴラ村長

お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長が6日に自身のインスタグラムを更新。一部のネットユーザーの批判に怒りをあらわにした。



 

■『しゃべくり007』の一件に触れる

にゃんこスターのふたりは、自身のYouTubeチャンネルで破局を報告。ネット上で話題になり、批判も含めてさまざまなコメントが相次ぐ状態になっていた。

その後アンゴラ村長は、自身のインスタグラムのストーリー機能を更新し、とあるユーザーの「花子師匠に対しての無礼は謝罪したんか?」というコメントを貼り付ける。

謝罪というのは、アンゴラ村長が出演した2018年放送の『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)で、宮川大助・花子の宮川花子から「しゃべりアカンな、アンタ」とダメ出しされ、彼女が反撃したときのこと。この態度が先輩する「無礼」として一部視聴者の怒りを買っていた。


関連記事:アンゴラ村長の現在にネット衝撃… 新たな特技が「カッコよすぎ」

 

■収録終わりに謝りに行くと…

アンゴラ村長はこのときのことについて、「収録終わりに謝りに行くと『そんなこといいから写真いっしょに撮ってよ』と言ってくださり、またキーホルダーまでくれました」と振り返る。

叱らずあくまで優しく接してくれた花子に対して「感情を直接ぶつけるよりも優しさで包むほうがその人の学びになると勉強させていただきました」とつづった。

次ページ
■「学芸会レベル」に怒り