千鳥・ノブ、ロケ時の素行の悪さを暴露される 「ほんまエグかった」「最悪」

『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます』で、千鳥・ノブの素行の悪さが暴露されて…

エンタメ

2020/04/08 13:00

千鳥・ノブ

7日放送『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます』(フジテレビ系)で、千鳥・ノブの「ロケ時の素行の悪さ」が暴露された。



 

◼宮川のプロ根性

この日のゲストは先輩の宮川大輔。『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)などで多くのロケをこなす「ロケの達人」の宮川に対してノブは「あんなに感情入れてたら疲れない?」と疑問を口にしながら、ひとつひとつのロケに全力で取り組む姿勢を称賛。

「どんなロケでも流さない。ガッと力を入れて全力を出す」と宮川のプロ根性を褒め称えるノブに、今度は宮川と大悟がノブのロケへの姿勢に触れていく。


関連記事:千鳥ノブが飛行機で「隣が大悟なのは絶対にイヤ」な理由に衝撃

 

◼宮川が暴露

多くの出演者はロケの合間にロケバスに戻り休憩するが、それが「できない」という宮川。「(周囲の状況次第で)それをしなければいけないこともある、それが当たり前やねんけど極力したくない」と宮川は、ロケの合間もロケ現場に立ち、スタッフや地元民との時間を持ちたいと語る。

そうして出演陣を見回し「このなかやったら、パってロケバスに帰って携帯イジってんのお前だけやろ」とノブを名指し。

慌てて「大悟もめっちゃ寝てる」と相方を売ったノブだったが、宮川は「そんでマネージャーに『なんか仕事入った?』って。最初のころ、ほんまエグかった」と態度の悪さをたしなめた。

次ページ
◼博多華丸は「水戸黄門」