約4割が「使い捨てマスクを洗って再利用」 洗わないで何度も使う人も

マスクを売り出す店舗も増えている。しかしまだ十分とはいえず、使いまわしで乗り切っている人もいるだろう。

ライフ

2020/05/19 10:20

マスクは一時期、高額で取引されていた。深刻なマスク不足を乗り切るために、使い捨てマスクを洗って再利用している人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■「洗って再利用」4割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「マスクの利用について」の調査を実施した。

マスク不足のため使い捨てマスクを洗って再利用したことがあるグラフ
「マスク不足のため使い捨てマスクを洗って再利用したことがある」と答えた人は、全体で37.7%だった。


関連記事:インリン、日本未上陸「マスクの減り抑える裏技」を公開 「無い発想!」

 

■マスクが売っていないので

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

マスク不足のため使い捨てマスクを洗って再利用したことがある性年代別グラフ

ドラッグストアなどからマスクが消え、洗わざるを得ない状況になった人も多いだろう。

「一時期どこにもマスクが売っていなかったときには、使い捨てマスクを洗うしか対策方法がなかった。いくらなくても高額の転売マスクを買うのは、やはりくやしいから」(30代・女性)


「中国で流行が拡大していた頃のニュースで、使い捨てマスクを洗って使っている人がよく取り上げられていた。まさか自分もする日がくるとは…」(40代・女性)

次ページ
■洗わずに使いまわし

この記事の画像(3枚)