宮沢氷魚、安藤裕子「一日の終わりに」MV出演 監督・脚本・一部撮影は齊藤工

宮沢氷魚と門脇麦が主演を務める、安藤裕子の「一日の終わりに」のミュージックビデオが本日公開された。

宮沢氷魚
(画像提供:レプロエンタテインメント)

俳優・宮沢氷魚が出演する、シンガーソングライター・安藤裕子の「一日の終わりに」のミュージックビデオが本日26日に公開された。



 

■監督、脚本、一部撮影は齊藤工

「一日の終わりに」は、安藤の4年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Barometz(バロメッツ)』収録曲。宮沢が門脇麦とW主演を飾るミュージックビデオは齊藤工が監督、脚本、一部撮影を務めた。

安藤と齊藤は映画『フードロア:Life In a Box』で俳優と監督としてタッグを組んだこともあり、今作は安藤が「齊藤さんの撮る映像がすごく綺麗でぜひMV監督をしてほしい」とオファーをしたことから実現したという。


関連記事:弓ライカ、indigo la End新曲『夜漁り』のMV出演&カバーモデル

 

■ショートフィルムとして作品化予定

ミュージックビデオは、歴史上100年毎に起こっている疫病が、2120年にも起きていると想定された世界が舞台。宮沢と門脇の2人が演じる、孤独な世界に生きる男女を美しく映し出している。

また、ミュージックビデオではあるが、“作品”ともいえる本作は今後、ショートフィルムとして作品化されることも決定しているとのことだ。

・合わせて読みたい→山下智久、理想の結婚相手が「アイドルとして完璧な答え」と称賛

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)