ファミマのハムチーズサンドの中身に衝撃 安くて味も良いのだが…

昨年、「ハリボテサンドイッチ」騒動で物議を醸したセブン-イレブン。他のコンビニのサンドイッチの中身を検証したら…

グルメ

2021/01/27 10:20

ファミリーマート

昨年、セブン-イレブン(以下、セブン)で販売している一部のサンドイッチが、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない「ハリボテ」と物議を醸した。今年は新作ドリンク『タピオカ練乳いちごミルク』の容器も物議を醸すなど、セブンが話題になることもしばしば。

しかし、その他のコンビニはどうなっているのだろうか。しらべぇ編集部は、ファミリーマート(以下、ファミマ)で販売されていた3種類のサンドイッチを検証することにした。


画像をもっと見る

 

■「安くてウマい」でコスパは良さそう

ハムチーズたまご

まずは、玉子サラダ、ポークハム、チェダーチーズが入った『ハムチーズたまごサンド』(税込238円)から。

ハムチーズたまご

断面はこのような感じ。このサンドイッチはパン3枚で構成されているが、上の段には玉子サラダがぎっしり詰まっている。下の段のハムとチーズだが、この時点でスカスカが目立つ。

玉子サラダの主張はかなり強いが、ペースト状のようになっている影響か「タマゴ感」はそれほど感じないため、玉子が苦手な人も食べられそう。

食べごたえも十分で、238円という安さを考えると「コスパは文句ナシ」といってよいが、気になる中身はどうなっているのか。半分に割ってみると…


関連記事:セブン、サンドイッチの「ハリボテ」を検証したら… 巧妙な盛りテクニックを発見

 

■ハムの量が…

ハムチーズたまご

こ、これは…! スカスカじゃないですか!

玉子サラダはびっしりと詰まっているものの、乗っているというよりは「玉子を塗っている」という印象だ。チーズももう少し面積があれば…と感じる。

そして何より気になるのがハムの量。何枚も重ねられているものの、乗っているのは断面部分だけで、左右、後方部分はかなりスカスカだ。食べごたえが良かっただけにこの量には驚いてしまった。

次ページ
■計算しつくされたサンドイッチだった?

この記事の画像(14枚)