RAD・野田、ロッキン中止に無念 「ここまで明らかで大きな矛盾」も指摘

出演予定だった音楽フェスが急遽中止に。「『ふざけんな』という気持ちです」などと長文メッセージを投稿した。

2021/07/08 09:00

野田洋次郎・RADWIMPS
(写真提供:JP News)

ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が8日深夜、自身のツイッターを更新。野外音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」の中止、緊急事態宣言下での東京五輪開催などについて言及した。



 

■茨城県医師会などから中止要請

8月7日~9日、14、15日の計5日間、茨城・国営ひたち海浜公園で開催予定だった同フェス。しかし、7日に急遽中止することが公式サイトで発表された。安全なフェスの実現に向けて1年以上取り組んできたが、茨城県医師会などから中止要請が事務局にあったという。

8月14日に大トリとして出演予定だったRADWIMPS。ボーカルを務める野田は「数日前に中止の連絡をもらい、ここまで自分の中に溜まっていった個人的な気持ちです」として、無念の思いを吐露する。


関連記事:「日本のワクチン接種率が低すぎることが問題」 カナダの陸上選手が鋭く批判

 

■「国内の産業やイベントが犠牲…やりきれない」

野田を含めた出演者たちは、この夏こそはという思いで臨んでいただけに「無念です」とアーティストたちの気持ちを代弁。

「有観客、無観客に関わらず五輪開催による感染者数の増加はすでにたくさんの専門家の意見でも明らかな中、開催は既定路線として進みました。その裏でこういった国内の産業やイベントが犠牲を払う図式にやりきれない思いです」と心境を記した。

次ページ
■個人的な想いは…

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

ツイッター東京五輪RADWIMPS野田洋次郎中止緊急事態宣言ROCK IN JAPAN FESTIVAL
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング