バカリズムがキャスティングに抵抗がある俳優とは 視聴者は興味津々 

『ワイドナショー』に出演のバカリズム。キャスティングの段階でプロデューサーに確認することとは。

2021/09/19 11:45

バカリズム

19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、お笑いタレントのバカリズムが出演。自身の作品でキャスティングの際に意識していることについて語り、視聴者の注目を集めている。



 

■プロデューサーに確認することとは

今回番組では、「舞台やテレビでの表現」がテーマに。ピン芸人として活躍する一方、映画やドラマ、バラエティ番組などの脚本家としても活動しているバカリズムは、キャスティングの際、プロデューサーに聞いていることがあると話す。

それは「この人面倒くさいこと言わないですよね?」というもの。バカリズムいわく、業界内では、脚本や台本に過度に口出しをしてきたりする俳優の名が出回っているといい、トラブル等を避けるためにも、人選はかなり慎重に行っているようだ。


関連記事:キンタロー、テレビマン夫の危険性熱弁 怪しい行動も「許される常套句ある」

 

■「いろんなところで言いふらす」

さらに具体的に問われたバカリズムは、例として、場合にも寄るが「自分はこういうこと言いたくない」や「ちょっと納得いかない」「(役が)見えない」といったことを言ってくる人だとコメント。

仮にキャスティングされている場合には「その場限りにして、いろんなところでその人のことを言いふらす」と語り、スタジオに笑いを誘っていた。

次ページ
■「名前知りたい」の声も

バカリズムライブ番外編「バカリズム案8」【Amazon】

俳優松本人志ワイドナショーバカリズム演出脚本家根本宗子表現
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング