昔懐かしいおもちゃがまた生産終了 メーカーは「値上げしにくい業界のため」

マジック魔法刀は、柄の部分にバネが仕掛けてあるため、刀が当たると引っ込むように出来ている。

2021/09/23 12:55

堀商店

昨年9月にしらべぇ編集部は、1970年頃から販売が続いていた「不思議なけむりが発生するおもちゃ」が終売となる件を取材。くしくもその1年後に同時期に発売が開始された「マジック魔法刀」が生産終了を迎えた。


画像をもっと見る

 

■業者の高齢化

販売元の堀商店(愛知県名古屋市)成瀬さんは、「この商品は1社のメーカで作っており、中身の制作は下請けの内職業者に任せていた。その業者が高齢化したことと、このご時世も影響している」と話す。

マジック魔法刀

マジック魔法刀は、柄の部分にバネが仕掛けてあるため、刀が当たると引っ込むように出来ている。また、STマークが付いており、安全面について注意深く作られたおもちゃだ。駄菓子店などで100円から150円で販売されており、コスプレや演劇用小道具としても使用されていた。

【画像】堀商店が投稿した「残念なお知らせ」」


関連記事:パンサー尾形の妻、おもちゃを捨てかけて子供が号泣 「捨てなくてよかったよ」

 

■簡単に値上げできない

お祭りでの屋台くじのハズレ景品として使われているものは、中国製で価格も半額程度。雑なつくりで、刀も引っ込まないがこういった中国製製品に、メイド・イン・ジャパン製品が侵食されてしまった。堀商店ではすでに在庫ゼロの状態。

成瀬さんは「子どもたちのお小遣いで買えるということをポリシーにしているメーカーが多く、簡単に値上げできない。メーカー側は利益を削りながら存続させているため、経営体力的にもなかなかキツイようだ」と語った。今後もこういった流れが続くのではないかと危惧しているという。

次ページ
■家ごもり用おもちゃが人気

マジックナイフ【Amazonで確認】

オモチャコスプレ演劇駄菓子高齢化内職名古屋市小道具マジック魔法刀堀商店
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング