上地雄輔、引退する後輩・松坂大輔投手への思いつづる 「あいつすげぇな」

上地雄輔が、引退する松坂大輔投手が12年前に書いていたサイン色紙を公開。改めて後輩に温かいエールを送った。

2021/10/19 17:20

上地雄輔
(写真提供:JP News)

タレント・上地雄輔が19日、公式インスタグラムを更新。今季限りで引退するプロ野球・埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手への思いをつづった。

【画像】戦い抜いた後輩にエール



 

■高校時代にバッテリー

上地は神奈川・横浜高校野球部時代に捕手を務め、後輩である松坂投手とバッテリーを組んでいたことがあり、現在も親交がある。

松坂投手は19日、引退試合を前に行なった会見で、昨年から右手にしびれがあり、コロナ禍でトレーニングや治療もままならず症状が悪化していたことを打ち明け、23年間の現役生活を振り返って涙を浮かべていた。


関連記事:間宮・上地らは現役プロ投手の球を打てる? 炎の体育会TVSP「本気プレーで挑戦」

 

■あの頃からペースが落ちても…

上地は同日、1枚のサイン色紙を撮影した写真を投稿。色紙には松坂投手が大リーグのボストン・レッドソックスに所属していた2009年のサインとともに、「日米通算200勝して上地さんと対談する」と当時の目標が記されている。

そこから12年の月日が過ぎ、松坂投手の日米通算勝利数は170勝だったが、上地は「あの頃からペースが落ちても、数字が届かなくても、立ち止まんなかった 足踏みしなかった 少なくとも俺の前ではよく笑ってた あいつすげぇな」と称えた。

次ページ
■「バッテリーは永遠」

松坂世代、それから【Amazonでチェック】

引退Instagramバッテリー松坂大輔横浜高校上地雄輔ボストン・レッドソックス埼玉西武ライオンズサイン色紙
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング