約200店舗→10店舗に激減のステーキ店「ふらんす亭」 無念すぎる展開に…

過去に興隆と衰退を経験した「ふらんす亭」。再起かける今、同店の期間限定メニューを味わいに店へ向かうと…。

ふらんす亭

関東エリアを中心に展開していたステーキショップ「ふらんす亭」。最盛期は約200店舗を展開していたとされる同店だが、現在国内に10店舗を残すのみ。懐かしの味を確かめに、記者は店へ向かった。

【写真】「ふらんす亭」で頼むべきはコレだ…!


画像をもっと見る

 

■オーナー企業が次々変わり…

1979年に東京・下北沢で開業し、薄切り肉とレモン果汁ソースが斬新だった「レモンステーキ」をはじめとするステーキメニューを武器に店舗を拡大させたふらんす亭。ネットには「最盛期は約200店舗を展開」という記述が複数残っているよう、90年代後半にはかなりの勢いを誇るファミリーレストランだったといえる。

しかしその後経営不振に陥り、2006年にはファンドである山田MTSキャピタル(当時)に事業譲渡、その後08年にスターゼン、2012年にエムグラントフードサービスと運営会社が次々変わっていった。


関連記事:ロイヤルホスト、黒毛和牛商品を最大440円の値上げ 単品ポテトも販売休止に

 

■都内で奮闘する3店舗

ふらんす亭

2019年に創業者・松尾満治氏らが立ち上げた株式会社ふらんす亭へオーナーが変わるも、直後に新型コロナが日本国内で流行するという不運に。

東京・練馬にあった中村橋店が今年2月末、埼玉・鶴ヶ島にあったワカバウォーク店が同じく今年4月末に閉店し、現在は東京、埼玉、神奈川、愛知に合計10店舗だけとなっている。都内には新宿西口店、池袋サンシャイン60通り店、水道橋駅前の3店舗。6月中旬、学生時代に何度も通った水道橋店を約20年ぶりに訪問することにした。

ネットでもかなり高評価なふらんす亭のカレー【Amazon】

次ページ
■「和牛カレー」頼むも…あれ?
カレーハンバーグステーキ外食産業ふらんす亭水道橋事業譲渡
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング